巨人11連敗の一因に進まない世代交代 2012年が戦力としてのピーク

ざっくり言うと

  • 巨人の11連敗で、近年の球団が抱える問題点が浮き彫りになったという
  • ベテランを脅かす次世代の選手層が薄く、ここ5年間世代交代が進んでいない
  • 球団幹部は、日本一になった2012年が「戦力としてのピーク」だったと語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x