成人まで生きられたのは10人中7人…明治中期の農村に住む子どもの現実

ざっくり言うと

  • 明治中期の農村に住む子どもの現実を取りあげている
  • 成人になるまで生きられたのは多めに見積もっても、10人中7人だという
  • 誰もが田畑を耕し子守をする余裕はないため、赤子は女児が世話していたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x