大阪市の清水駅で扉の開閉忘れ乗客降りられず 運転士「失念していた」

ざっくり言うと

  • 5日に大阪市の清水駅で、電車の運転士が扉を開閉するのを忘れそのまま出発
  • 乗客1人が次の駅で、「清水駅で降りられなかった」と運転士に申告した
  • 清水駅で運転士が交代したが、2人は「失念していた」と話しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x