最も熱い惑星を東京大学などの研究チームが発見 表面温度が約4300度

ざっくり言うと

  • 最も熱い太陽系外惑星を、東京大と国立天文台などの研究チームが発見した
  • 放射される近赤外線の測定から、表面温度が約4300度に達していると判明
  • 研究チームは「従来の惑星の概念を覆す発見だ」としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x