提供:リアルライブ

写真拡大

 競馬の「第67回安田記念」(GI・芝1600叩4日東京・18頭)は、最後の直線で差し脚を爆発させた(上り33秒5はメンバー最速)伏兵のサトノアラジン(58狙酖帖‐雅騎手、7番人気)が、逃げ込みを図るロゴタイプ(58租鎚奸〕疑騎手、8番人気)をクビ差交わして優勝。悲願のGI制覇を達成、春のマイル王に君臨した。1分31秒5。3着レッドファルクス(58M.デムーロ騎手、3番人気)クビ。1番人気に推されたイスラボニータ(58C.ルメール騎手)は8着に終わっている。

 サトノアラジンは父ディープインパクト、母マジックストームの牡6歳馬(鹿毛)。馬主は里見 治氏。戦績は25戦8勝(うち中央23戦8勝、海外2戦0勝)。主な勝ち鞍=重賞3勝目(16年京王杯スプリングカップ、16年スワンステークス)。川田騎手は2勝目(15年モーリス)、池江 泰寿調教師は初勝利。

「配当」
☆単勝1240円
☆複勝380円440円340円
☆枠連Л590円
☆ワイド2870円Ν2730円Ν2720円
☆馬連1万480円
☆馬単2万410円
☆3連複Ν4万3500円
☆3連単悪28万3000円

*レース結果については、必ずJRA公式発表でご確認ください。