清宮幸太郎の100号ボールを無欲でキャッチ 27歳男性が苦笑い

ざっくり言うと

  • 早実の清宮幸太郎が4日、高校通算100号目となるホームランを放った
  • 100号は場外弾となり、記念球の争奪戦を制したのは無欲な27歳男性
  • 「電話をしながら歩いていたら目の前に転がってきた」と苦笑いした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x