提供:リアルライブ

写真拡大

 多くの人が毎日のようにパソコンを起動させ、インターネットを楽しんでいる。今回、話を聞いたIT系企業のOL・留美さん(仮名・21歳)は、男性がどのサイトをブラウザのトップにしているかを気にしてしまうという。

 「前に付き合っていた彼の家に遊びに行っていた時、よくパソコンを貸してもらいました。その際、ブラウザを立ち上げると、トップページが中国のポータルサイト『hao123』だったんです。『Google』や『Yahoo!』ならわかりますが、なぜhaoなんだろうと思いましたね」

 おそらく彼は、なんらかのフリーソフトをダウンロードした際に、バンドルされており、そのままインストールしてしまったと思われる。そのため、留美さんは設定を元に戻してあげたという。

 「彼は機械に弱く、パソコンの知識もほとんどない人でした。そんな彼はトップページを『Yahoo!』に戻してほしいと言うので、私がファイルを削除して、元に戻してあげたんです」

 だが彼はその後も、インターネット知識がないにもかかわらず、様々なサイトへ行ってはむやみにクリックを繰り返し、フリーソフトなどをダウンロードしていたという。

 「数日後、彼の家に遊びに行った時、ブラウザを見ると、またトップページが中国のサイトに戻っていたんです。『なんかソフトをダウンロードしたら、またなっちゃった。戻してほしい』と言われたので、再び同じ作業をしましたが、あと何度こういうことをしなければならないんだろうと考えた時、ちょっと引きましたね」

 今や小学生でもパソコンを扱える時代となっている。それだけに彼女は、せめて一般的なネットの知識ぐらいは身につけてほしいと嘆いた。

(取材/構成・篠田エレナ)写真・funca88