エジプトで「アヒルの大虐殺」 ラマダン初日の日没後に40万匹消費

ざっくり言うと

  • エジプトがイスラム教の断食月であるラマダンを迎えている
  • 北部のある地域ではラマダン初日の日没後、アヒルを食べる習慣がある
  • 少なくとも40万羽のアヒルを消費したとみられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング