比の首都マニラで起きた発砲と放火の事件「イスラム国」が犯行主張

ざっくり言うと

  • 2日、フィリピンの首都マニラにあるリゾート施設で起きた発砲と放火の事件
  • 「イスラム国」は「攻撃を実行した」と犯行を主張する声明を発表した
  • 事件では少なくとも36人が死亡し、容疑者は現場で焼身自殺したという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x