厳選!2歳馬情報局(2017年版)
第1回:サトノエターナル

 競馬界は、ダービーを区切りにして1年が回ると言われる。現に、GI日本ダービー(東京・芝2400m)の興奮も冷めやらぬ中、この週末からは2歳の新馬戦がスタート。ここから来年のクラシック、そしてダービーに向けて、また長い道のりが始まるのだ。

 今年の2歳世代は、「怪物」と呼ばれたオルフェーヴルや、短距離GIを6勝したロードカナロアなど、新種牡馬の顔ぶれも豪華だ。それでも、やはりダービー戦線で中心となるのは、ディープインパクト産駒だろう。

 2012年から種牡馬リーディングの首位を堅持してきた”名種牡馬”だけあって、今年も2歳馬は評判馬ぞろい。なかでも、注目を浴びているのは、サトノエターナル(牡2歳)である。


来春のクラシック出走が期待されるサトノエターナル 母はアメリカのGI馬ソーメニーウェイズ。2歳となる2012年の6月にデビューすると、3連勝でGIスピナウェイS(アメリカ・ダート1400m)を制した。その後も安定した成績を残し、生涯で3つの重賞タイトルを手にして引退した。

 彼女は引退後、日本へと輸入されて初めての仔を産んだ。それが、サトノエターナルである。

 デビュー前の育成を担当したノーザンファーム空港牧場(北海道)では、早い段階からこの馬のたぐい稀(まれ)な能力を感じているという。スタッフの佐々木敦吏氏が、その詳細を説明する。

「抜群の動きをしていて、とにかく走る印象です。体幹が強く、前向きさもあるんですよ。ディープ産駒らしい、しなやかさも持っています。体はそんなに大きなタイプではないですけど、間違いなくいい馬。クラシックに乗せてあげたい1頭です」

 母は2歳時から活躍しただけに、その息子も早いうちから実力を発揮してきそうだ。

 ところで、母は1400mなどの短距離で実績を残してきたが、サトノエターナルの距離適性はどのあたりになるのだろうか。これについて、前出の佐々木氏は自身の見解をこう述べた。

「気が勝っているタイプですし、ものすごいスピードがあるのですが、調教後は息が整うのもすごく早いので、長い距離もこなせそうな気がしています。おそらく9月の1800m戦あたりからデビューして、その後はレースをこなしながら適性をはかっていくのではないでしょうか」

 母は短距離タイプだったが、そこはディープインパクトの血が加わって、新たな一面が出てくるかもしれない。能力は非凡なものを感じさせるだけに、距離をこなせればクラシックへの望みも膨らむはずだ。 2018年のクラシックへ、まずはこの才能豊かな若駒に注目しておきたい。

■競馬 記事一覧>>