2回東京競馬11日目(5月27日・土曜日)予想・橋本 千春

☆東京11R「欅S」ダ1400
◎3ブラゾンドゥリス
○10キタサンサジン
▲15エイシンバッケン
△8ラストダンサー、13タールタン、14ノウレッジ
 実績、実力ともここではブラゾンドゥリスが一歩リードだ。とりわけ、近5走は交流重賞・黒船賞勝ちを含め<2111>と、堅実無類。交流GI・かしわ記念は強豪のコパノリッキーの前に5着と後塵を拝しているが、初コース、初のナイター競馬の条件下で0秒9差なら決して悲観する内容ではない。その点、<4211>と、実績抜群の東京コースに替わるのは強調材料だ。1400辰盥船賞はじめ3勝、2着1回、3着1回と条件はMAX。むろん、58舛能力に影響することは考えられないし、期待できる。

☆東京10R「葉山特別」芝1600
◎12ムーンクエイク
○5レーヌドブリエ
▲6オブリゲーション
△1エルビッシュ、2アムネスティ、7ラベンダーメモリー
 休み明け2戦目で上積みの大きい、ムーンクエイクでいける。その前走2着は初の遠征競馬(阪神)、不得手の道悪馬場などマイナス要素が重なったもの。それで、0秒1差だからやはり力はある。実際、ウインガニオン(5歳オープン)、グレーターロンドン(安田記念の有力候補)と差のない競馬をしてきた実績があり、良馬場ならチャンスは十分だ。コース替わりもプラス材料。

東京9R「富嶽賞」ダ1400
◎14スパイラルステップ
○2エイシンビジョン
▲8メリートーン
△1セネッティ、4ケンコンイッテキ、16メイスンスパート
 強敵と闘いながら着実に地力を増している、スパイラルステップにチャンス到来。目下、連続4着中だが着差はいずれも0秒7。しかも、実績のない1200辰鮃佑┐譴亟き返しは十分可能だ。1400辰倭2勝を挙げている、十八番の条件でもあり、期待できる。

京都11R「朱雀S」芝1400
◎14レッドアヴァンセ
○7ラベンダーヴァレイ
▲1スマートカルロス
△10ワントゥワン、12ネオスターダム、16コウエイタケル
 昨年の牝馬3冠で7着、7着、5着の実績を残したレッドアヴァンセ。実力は自他ともに認めるところで、力を出し切れればチャンスは十分ある。降級以降は2着、8着、2着と惜しいレースが続いているが、今度こそ。普通に走ってくれば勝てるハズ。※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。