高野山真言宗僧侶・中島龍太郎師「競馬との縁」後編

前編から読む>>


競馬関連の宝物を両手に話をしてくれた中島龍太郎師
 中島師が語る、中国でのエピソードや父、中島徳博との思い出、そして競馬との数奇な縁による繋がり。

 はたして、中島師は今年の戦国ダービーをどう占うのか。

 *     *     *

 何度かの出張を経て、私がいよいよ中国駐在として赴任する日が近づいてまいりました。06年の6月末から福建省の赤岸鎮に長期の滞在となります。それに向けての最後の出張が、6月の上旬にありました。ちょうど安田記念の季節です。私は関西空港から飛行機に乗る直前、携帯電話でメールを送って、競馬好きの後輩にこのレースの馬券の購入を託しました。すると、なんと驚いたことに、3連単馬券が大当たり! 私はこの月末から日本をしばらく離れます。この配当金で恩返しをすることをふと思いつきました。大学卒業後も聴講していた中国語の授業は、一切授業料を払っていません。ですので、この配当金の大部分を、中国語を学ぶ学生たちの旅費として差し上げ、私が駐在する赤岸鎮(せきがんちん/中国・福建省)の農村の小学校などで文化活動をしてもらうのはどうかと、お世話になっていた先生に提案したのです。この提案はその年の10月に実現しました。

 私が中国駐在して3年の月日が過ぎた頃、正式に中国の都市部の大学に留学する機会をいただけました。あれほど夢見ていた中国への大学留学が叶ったのです。この大学では、高野山大学の時とは異なり、すべての単位を修得し、論文も提出し、卒業までさせていただきました。

 
 2012年、中国の大学を卒業し、駐在を終えて私は再び高野山に戻ってまいりました。その頃と前後して、父のガンが再発しました。

 父は私が物心ついた頃には、特に何をするわけでもなく家でゴロゴロしておりました。父は30代半ばに脳卒中で倒れてしまい、なんとかリハビリして日常生活には支障がない程度には回復したのですが、もう漫画を描くことはできなくなっていたのですね。

 私が小学校に上がる頃には、『アストロ球団』は、あのデタラメなほど熱血な展開を茶化される風潮が強く、私も多感な時期は、父が漫画家であることを隠したい、父をどうしても好きになれない時期もありました。そんな父が、3年前の8月に亡くなりました。『優駿』のエッセイ大賞をいただいたのは父の死の直後。「死んだ種牡馬の仔は走る」なんて、今年のフェブラリーSでも言われましたが、こうして大好きな競馬で注目していただき、父と縁のある集英社で競馬のお話をすることになったのも、父が何かの力を貸してくれたのかもしれません。
 
 しかしながら、私は競馬予想に関しては、血統というものはあまり重視しません。どちらかといえば、わかりやすい良血よりも、モーリスのような馬に惹かれます。戦績でも3歳の早いうちからエリートとして注目されるよりも、遅咲きで長く強く活躍する馬の方が好きなんです。ダービーを勝った馬でも、その後伸び悩んでしまう馬とかもいますから。

 検討する上で重要なファクターは厩舎ですね。最近は、まず堀宣行厩舎と中内田充正厩舎に注目しています。騎手で買うよりも確実ではないでしょうか。

 脚質では逃げ・先行馬が好きです。ここぞというときは前の馬が穴を開けるような気がしますし、前に行った方が見ている側も楽しめます。追い込み馬で、道中一度も名前を呼ばれないまま終わったりすると悲しいですよね。ですので、逃げ馬なのに後方待機で足を溜めて負けた時は、さすがに腹が立ちます(笑)。


 今年の3歳はより混戦だけに、「常識をひっくり返す」がテーマではないかと考えます。皐月賞も、勝ったアルアインの前走は、勝ち馬のローテーションとして常識的に考えられなかったGIII毎日杯でした。

 そこでダービーは、アドミラブルに期待します。

 ◎ アドミラブル
 △ レイデオロ 
 △ カデナ
 △ スワーヴリチャード
 △ アルアイン

 今まで不思議と勝ち馬が出てこなかったGII青葉賞の勝ち馬です。あの勝ちっぷりは鮮やかでした。勝ち時計も驚愕の2分23秒6。確かに特別時計が速い馬場だったのかもしれませんが、同じタイムでダービーを走れたならば、この馬に勝てるのは過去10年でもドゥラメンテのみ、日本ダービー全体で見てもキングカメハメハとディープインパクトを加えた3頭だけです。そう考えると、月並みですがアドミラブルで間違いないのではないでしょうか。青葉賞、ということが嫌われて他の馬に票が割れるならしめたものです。アドミラブル1頭軸で考えます。

 そして、相手ですが、逃げ・先行馬が好きと言いながら、ダービーでは前が残りにくいので、差し馬と考えて、レイデオロ、カデナ、スワーヴリチャードをまず挙げます。展開的にはクリンチャーが前で流れを作って、アドミラブルが直線に入って早めにこれをかわして、どう突き放すかというところ。2、3着馬は鋭い脚を使えるようでないと厳しいと思います。腹をくくって差し・追い込みに徹した馬がそうでないかと。ただ、このアドミラブルがするであろう競馬を、アルアインが先に出し抜く形でやった場合は残る可能性もあるかな、と思います。

 
 僧侶がギャンブルなんて、ということで、お叱りの声も多くあることでしょう。しかしながら、私はギャンブルそのものが好きかというと必ずしもそうではなく、パチンコや麻雀、競艇や競輪などには興味を持てません。なぜ競馬が好きかというと、馬と人が織りなすドラマが、心の糧(かて)になるような気がするからです。ヘミングウェイしかり、寺山修司しかり、古井由吉しかり、浅田次郎しかり、ある種の作家たちは、競馬を肥やしに文才を磨いてきたようなフシがあります。「競馬は文学の修行になるはずだ」、そう勝手に信じ込んで、推理小説を読むように競馬新聞を読み、競馬に打ち込んできました。何事も飽きっぽい私ですが、競馬だけは幸か不幸か、三日坊主にはなりませんでした。馬券の腕前はまったく進歩がありませんが、修行はまんざら無駄でもなかったのか、雑誌『優駿』のエッセイ大賞を頂戴することができました。

 ダービー当日、私は高野山でいつものように、参拝に来られた皆様のお接待をさせていただきます。週末の競馬も素晴らしいですが、御縁がありましたら、お大師さまが開山した聖地、高野山にもぜひ、一度お参りください。こうして競馬ファンのみなさんに高野山をご紹介できるのも、再三お話ししているように、何かのご縁です。損得や勝ち負け、そういった価値観から少し離れた非日常を、高野山で体験していただきたく存じます。

 とりあえず、今週末は年に一度の競馬のお祭りです。皆々様のダービーでのご武運を祈願し奉ります。合掌。

(おわり)

(中島龍太郎プロフィール)
なかじま・りょうたろう●僧名は龍範。1976年生まれ、神奈川県横浜市出身。父は『週刊少年ジャンプ』の熱血バトル路線の祖『アストロ球団」などを執筆した漫画家の中島徳博。高野山大学卒業後、密厳院で働きながら中国語を学び、06年より中国福建省に駐在。帰国後も高野山にて奉職。14年に雑誌『優駿』にて「競馬好きのお坊さん的幸福論」で優駿エッセイ大賞を受賞。前編から読む>>

■競馬 記事一覧>>