アル・サッドでゴールを喜ぶチャビ

写真拡大

元バルサの選手、チャビ・エルナンデスは『Le Parisien』のインタビューで現代のサッカー界について語った。
その中で彼が考えるバルサに相応しい選手の1人としてPSGのアドリアン・ラビオの名を挙げた。

【関連記事:チャビ 中東で2度目の王者へ】

「彼はバルセロナでプレーする事ができるだろう。そして簡単に適応すると思う。彼はどのように守り、攻撃し、敵をかわすか、ゲームをオーガナイズする術を知っている。彼はボールを持つ時も持たない時も完璧な選手だ。」
このように主張した。

そして、バルサの選手以外で現代最高のセントロカンピスタ(MF)5人は誰かという質問を受けた際、チャビはこのように答えた。
「モドリッチ、クロース、チアゴ、ヴェラッティ、エジル」

また、チャンピオンズリーグの決勝についてチャビはユベントスを応援する事を認めた。
「互角の戦いになるだろう。だが、ブッフォンは初のチャンピオンズ獲得にふさわしいため、私はユベントスに勝って欲しい。」

最後にチャビは、自身が2022年W杯でカタール代表を率いる事について1つの可能性である事を認めた。