ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 東京競馬場での5週連続GI開催もいよいよ佳境を迎えています。

 今週は優駿牝馬(オークス。5月21日/芝2400m)、そして次週は東京優駿(日本ダービー。5月28日/芝2400m)。この2週間は、競馬ファンの方々はもちろん、競馬関係者にとっても特別な2週間となります。有馬記念やジャパンカップとは違って、サラブレッドにとって一生に一度だけの舞台でもあり、競馬界が1年で最も注目され、熱気にあふれる時期と言えるのではないでしょうか。

 優駿牝馬オークスは、今年も”樫の女王”を決めるに相応しい好メンバーがそろいました。

 まずは、桜花賞組。なかでも注目は、単勝1.4倍という断然の支持を得たソウルスターリングでしょう。

 桜花賞(4月9日/阪神・芝1600m)では、ゴール前で伸びを欠いて3着。しかも、2着リスグラシューに差されて、4着カラクレナイ、5着アエロリットにも際どいところまで迫られました。それまでの圧倒的な競馬からすると、とても想像できない内容でした。

 敗因は馬場に尽きると思います。直線で何度も手前を替えていたようですからね。思いのほか道悪を苦にして、おそらく馬がバランスを取ろうとしていたのでしょう。

 それだけ明確な敗因があっても、確かに物足りなさは感じました。しかし今度は、軽い芝の東京コース。良馬場で行なわれれば、この馬のセールスポイントである高いスピード能力と、その持続力がフルに発揮されるはず。巻き返してくる可能性は十分にあるでしょう。

 桜花賞を制したレーヌミノルは、馬場適性が高かったこともありますが、そもそも小倉2歳S(2016年9月4日/小倉・芝1200m)で6馬身差の圧勝劇を演じた実力馬。1200mの競馬で6馬身差をつけるなんて、なかなかできない芸当です。それだけスピード能力が高く、世代を代表する1頭だったと思えば、納得の結果と言えます。

 それと、1週前の調教で乗っていたときから感じていましたが、鞍上の池添謙一騎手とはすごく手が合っていたのだと思います。

 今回ポイントになるのは、やはり距離。スピードのある馬だけに、道中の折り合いがつくかどうか。また、血統的にもダイワメジャーにタイキシャトルの肌とマイラー色が強く、兄姉の好走例も2000m未満のレースに集中していますからね。

 折り合いに関しては、ピタッと折り合っていた桜花賞を見る限り、意外と大丈夫かもしれません。距離についても、オークスではどの馬も距離を意識して折り合いに専念するため、わりと持つことが多いんですよね。その結果、恵まれた展開になる可能性は高く、人気を落とすようなら怖い存在となります。

 桜花賞2着のリスグラシューも、勝ち負けに絡んでくる可能性が高い1頭です。前走の好走は馬の実力以上に、あのコースを通した鞍上の武豊騎手の手腕によるところが大きかったと思いますが、それも込みで今回もチャンスがあると見ています。

 桜花賞組ではもう1頭、2番人気に推されたアドマイヤミヤビも気になります。

 同レースでは12着と残念な結果となりましたが、道中最後方を追走して直線に入ってからも大外へ出すというロスの多い競馬でした。これは、鞍上のミルコ・デムーロ騎手が返し馬の時点で、「今日の馬場は合わない」ということを察して、ロスがあっても少しでも馬場のいいところを走らせるための行動だったように思えます。

 結果的には、まったく見せ場も作れずに終わってしまいました。ソウルスターリング以上に、馬場が合わなかったのでしょう。

 しかしオークスは、実績のある東京コース。良馬場なら、巻き返せると思います。百日草特別(2016年11月6日/東京・芝2000m)、クイーンC(2月11日/東京・芝1600m)を快勝し、そこで負かした相手を考えれば、ここで勝っても何ら不思議ではありません。

 今年は桜花賞組がやや優勢に見えますが、トライアル組にも気になる馬がいます。スイートピーS(4月30日/東京・芝1800m)を勝ったブラックスビーチです。今回の「ヒモ穴馬」には、この馬を取り上げたいと思います。

 春の東京競馬場は2月の開催から約2カ月開いて、新緑の季節の中で芝生がきれいに生えそろいます。開幕序盤、それも絶好の良馬場となれば、走破時計や上がりタイムはかなり速くなります。ゆえに、オークスやダービーのトライアルでは、際立った時計が出やすいのです。

 とりわけスイートピーSでは、先に行なわれるトライアル戦、GIIフローラS(4月23日/東京・芝2000m)に比べて一枚落ちのメンバー構成ながら、それなりに強い馬が参戦すると、時計も、上がりも速くなります。そのうえ、1頭だけ抜けたレースを見せることとなり、その馬に対して「強い」というイメージが残りやすくなります。

 しかしながら、過去の傾向が示すとおり、そこで強い競馬をしても本番で好走する馬はほとんどいません。記憶にあるのは、スイートピーSで3連勝を飾って本番でも優勝したカワカミプリンセス(2006年)と、同レースで2着となって本番でも3着と好走したラブカーナ(2007年)ぐらいです。

 まだ3歳の春という若駒牝馬にとって、権利を獲るためにトライアルで目一杯の競馬をして、中2週で迎える東京・芝2400mの舞台、それもGIというタフなレースでは”おつり”が残っていないのでしょう。

 そういうわけで、スイートピーS組は割引が必要なのですが、それでもこのブラックスビーチには可能性を感じています。


ブラックスビーチがオークスで波乱を起こすか!? というのも、この馬は馬込みに入れても大丈夫なタイプに見えるのですが、前走は終始外目を追走し、4コーナーも先団の外を回して早め早めの競馬をしていたからです。これは、何としても権利を獲って本番へ進みたいという意欲の表れでもあり、馬込みに入れなくても権利が獲れるという自信があったのだと思います。そして、その競馬を目一杯ではなく、余力を残してやってのけたところに大いに魅力を感じています。

 前述したとおり、開幕2週目の馬場で見た目の数字が速くなるにしても、外を回して1分47秒4、上がり33秒4の好時計をマーク。余裕残しでこのタイムが叩き出せるのだから、桜花賞組にも見劣らないと思います。 スイートピーS組は、それだけで世間的には注目されず、人気にならない傾向がありますが、今年に限っては、僕は注目したいと思っています。ブラックスビーチの一発に期待したいですね。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>