調教師・角居勝彦氏が牝馬GIを語る

写真拡大

 2006年創設の古馬牝馬GIであるヴィクトリアマイル。ここを目標に、さまざまな路線を歩んできた男勝りの女傑たちが府中の直線でキレ味を競う。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、ヴィクトリアマイルが牝馬にとってどのような意味をもっているのかについて解説する。

 * * *
 東京競馬場に薫風が吹いています。ヴィクトリアマイル、いいレースですね。風になびく青々としたターフが、女傑たちを歓迎するようです。

 桜花賞では素質こそ感じさせるものの、体質や精神面で幼さが目立った牝馬が、1年たっただけで見違えるように「大人の女」になってくると、待ってましたとばかりに出したくなる。馬は人間の4倍のスピードで成長するということを実感します。牝馬のレースとしては、桜花賞の次によいレースだと思っています。

 初夏のこの時期に照準を合わせて調教することで、牝馬はさらに強くなる。ヴィクトリアマイルで強い競馬をすれば、秋のGI戦線への道が大きく開ける。こういった魅力の理屈はいくらでも言えるのですが、結局は東京競馬場の芝のマイル戦が私は好きなんです。

 広くて直線が長く、紛れが少なくて力勝負に持ち込める舞台。思い切った戦術を使う馬も多くなく、フロック勝ちは少ない。調教師としては胸を張って馬を送り出せます。

 ただし、そう考える調教師も当然多く(笑い)、牝馬限定だからといって相手関係が楽になることはありません。

 昔は、天皇賞(春)のあとはオークスまでGIレースがなかったのですが、それほど寂しい思いもなく、ヴィクトリアマイルの創設時には、どこかとらえどころのないGIというイメージがあったものです。

 しかし年々、このレースの妙味が身に染みてきました。3歳で未完成だった牝馬が力を伸ばしてきたとき、それまでは安田記念や宝塚記念といった牡牝混合レースを目標にするしかなかったのです。

 冬から春にかけて行なわれていた阪神牝馬S(ヴィクトリアマイル創設以前は12月に施行)、京都牝馬S、中山牝馬S、福島牝馬Sといった牝馬限定重賞は、ともすると盛り上がりに欠けることがありましたが、大きな目標ができたことで、俄然意味を持つようになった。その他ダービー卿CT、マイラーズCなど、さまざまな路線から参戦してきますが、他の舞台で末脚を発揮した馬でも、東京競馬場で通用するかどうかは分からない。やはりGIだけあって本当に強い馬しか勝てない。

 だから実力ある牝馬にとっては「復活」のステージという側面もあるようです。2015年、2016年と連覇したストレイトガールも、2015年は高松宮記念13着、2016年は阪神牝馬Sで9着と、前走はともにふるいませんでした。2014年のヴィルシーナも前年このレースを勝った後は着外が続いていましたが、大舞台で見事に復活しました。ここ一番での強さが問われるのです。

 紛れが少ないと書きましたが、古馬牝馬は力の比較が難しいので妙味たっぷりの面白いレースになると思います。

 カギは長い直線。4コーナーを回ると、つい「行け行け!」と叫びたくなりますが、早仕掛けは禁物。切れる馬を本命視しているならば、目一杯脚をタメたい。坂を越えるまでは叫ぶのをじっと我慢して「まだまだ!」とつぶやいていたいところです。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。2000年に調教師免許取得、2001年に開業。以後15年で中央GI勝利数23は歴代3位、現役では2位。(4月23日終了現在)ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、エピファネイアなど。『競馬感性の法則』(小学館新書)が好評発売中。

※週刊ポスト2017年5月19日号