「シャリチョコパン」「シャリカレーパン」「シャリコーラ」など、寿司屋ならではの「シャリ」を使った変わり種メニューを連発してきたくら寿司が、夏向けの新メニューとして「シャリコーラ」味のかき氷の提供を2017年5月12日(金)からスタートしています。このかき氷は、ふわっと食感の「ふわ雪氷」とガリガリ食感の「プレミアかき氷」という2タイプがあり、それぞれ異なる店舗で提供されているとのこと。今回は2タイプのかき氷を両方とも味わってみました。

ふわ雪氷|くら寿司 ホームページ

http://www.kura-corpo.co.jp/fair/2017ice_02.html

プレミアかき氷|くら寿司 ホームページ

http://www.kura-corpo.co.jp/fair/2017ice.html

くら寿司に到着



かき氷はテーブル備え付けのタッチパネルから注文できます。「ふわ雪氷」は全国20店舗しか取り扱いがないので要注意。その他の店舗はすべて「プレミアかき氷」の提供となっています。



というわけで注文したのは、ふわ雪氷の「シャリコーラ」と「マンゴー」。どっちも最初から練乳がかかっていますが、マンゴーは練乳なしバージョンも用意されています。



ふわ雪氷はその名のごとく、細かい削りの氷となっています。



かき氷とは思えないほど抵抗なくスプーンで氷をすくうことができます。食べてみると食感もまるで冷たい綿アメのように柔らかく、口の中でほろりと溶けていきます。これにかかっているのがシャリコーラで、酢飯っぽい香りがあるものの、かなりスッキリした甘さで食後のデザートにはぴったり。ただし練乳がかかっているので物足りないことはなく、コクのある甘みもあります。



続いてふわ雪氷のマンゴー。



同じく氷がふわっふわです。



氷の上にかかっているのは、マンゴーの果肉入りのぜいたくなマンゴーソース。ぷるぷるしたマンゴー果肉からは甘酸っぱいフレッシュな味わいが感じられ、冷たい氷と合わせるとたまらない仕上がり。これにも練乳がかかっているので、「寿司屋のデザート」のクオリティを超越した一品のスイーツとなっています。



かき氷器の種類が異なるため、「ふわ雪氷」と「プレミアかき氷」を同時に提供している店舗は存在しないのですが、今回は特別にプレミアかき氷のシャリコーラとマンゴーも提供してもらえることに。



プレミアかき氷はドリンクのカップに盛りつけられており、ふわ雪氷と違って粗く削られたかき氷になっています。



底の方にはシャリコーラがたまっていました。



食べてみると、後に引かないスッキリした甘さは健在なのですが、「ガリッガリッ」と氷の食感をしっかりと感じられます。ふわ雪氷はかまずとも溶けていくので「氷のガリガリ食感が好き」というい人はこっちのが良さそう。



続いてプレミアかき氷のマンゴーへ。



果肉入りソースはガリガリ氷とも相性よし。プレミアかき氷はいっぱい食べた感覚になれます。



なお、今回登場した4種のかき氷メニューは、いずれも税抜230円です。「ふわ雪氷」と「プレミアかき氷」は提供店舗が異なるため、間違えないよう要注意です。