「大混戦」という言葉がふさわしい1戦である。5月7日に開催されるGINHKマイルカップ(東京・芝1600m)のことだ。

 大混戦となったひとつの要素が、相次ぐ牝馬の参戦である。

 出走馬の顔ぶれを見ると、牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞(4月9日/阪神・芝1600m)で好走した馬たちの参戦が目立つ。同レース4着のカラクレナイと5着のアエロリットがそうだ。また、11着に敗れたものの、レース前には5番人気の支持を集めたミスエルテの名も見られる。

 もちろん、桜花賞のあとに牝馬クラシック第2弾のGIオークス(東京・芝2400m)には向かわず、このレースへと駒を進める牝馬は少なくない。昨年の勝ち馬メジャーエンブレムも、桜花賞4着からの参戦だった。

 その背景には、2400mのオークスよりも1600m戦のほうに距離適性を見出している、という理由がある。ただ、桜花賞で掲示板に入った馬が、複数参戦する年はあまり多くない。それは、たとえ距離不安があっても、牡馬との戦いよりも牝馬同士のオークスのほうが勝機があると踏む場合が多いからだ。

 にもかかわらず、今年は桜花賞で善戦した馬の多くがNHKマイルを選択した。こうなったのは、やはり3歳世代のレベルが影響しているのではないか。

 現3歳世代は、牝馬戦線が役者のそろった「ハイレベル」と言われてきた。片や、牡馬戦線は主力不在の混戦で「低レベル」とさえ言われている。実際、ここでも”主役”を張れるほどの絶対的な牡馬の存在は見当たらず、どの馬も決め手に欠ける。ならば、桜花賞で一歩足りなかった馬たちが、未知なる長距離戦に向かうより、牡馬相手でも適距離のGIに勝機を感じるのは、当然のことなのかもしれない。

 そんな今年と同様、過去にも牝馬が「ハイレベル」と言われた年はあった。代表的なのは、2014年と2007年だ。そして、その2年ともNHKマイルは大波乱となっている。

 2014年は、ハープスターを主軸に3歳牝馬が話題の的となり、牝馬の牡馬クラシック参戦も相次いだ。そしてこの年、NHKマイルは1番人気ミッキーアイルが勝利したものの、2着に17番人気のタガノブルグが入り、3着も12番人気キングズオブザサンが飛び込んできた。3連単は、68万4020円という高額配当になった。

 2007年は、ウオッカとダイワスカーレットの「2強」が3歳クラシックを沸かせた年。ウオッカは、牡馬相手にGI日本ダービー(東京・芝2400m)を制すという快挙を達成した。実はその目前、NHKマイルでも牝馬が大仕事をやってのけていた。

 雨の中、ピンクカメオが激走して頂点に立ったのだ。同馬は18頭中17番人気で、単勝配当は7600円にも上った。さらに強烈だったのは3連単。2着は1番人気ローレルゲレイロが死守したものの、3着に18番人気ムラマサノヨートーが突っ込んできて、973万9870円という超高配当となった。

 こういった過去を踏まえれば、今年も大波乱を期待したくなる。「大混戦」という状況であれば、なおさらだ。

 では今年、どの馬が波乱の立役者となるのか。参考にすべきは、やはり上記2年の結果だろう。ただし、2007年は雨による影響も大きかっただろうから、まずは2014年の結果を踏まえて、伏兵馬になり得る馬を探ってみたい。

 2014年最大の立役者は、2着に入った17番人気のタガノブルグだ。同馬は重賞勝ちこそなかったものの、前走でオープン特別の橘S(京都・芝1400m)を勝っていた。実績的には劣る立場だったが、一定の力は見せており、なおかつ好調だったのだろう。

 今回、その臨戦過程と重なる馬がいる。オールザゴーだ。

 こちらもまだ重賞タイトルはないが、前走ではオープン特別のマーガレットS(4月2日/阪神・芝1400m)を快勝している。それまでは先行押し切りのレースが多かったが、前走ではスタートで遅れて中団後ろからの競馬を強いられた。それでも、直線では力強く伸びて突き抜けた。

 今までと違うレースができたのは成長の証(あかし)。大きな仕事をやってのける可能性は十分にあるだろう。

 前走でオープン勝利と言えば、橘S(4月22日)を勝ったディバインコードもそう。こちらも重賞で好走を重ねていて、人気がなければ狙い目だ。

 2014年は、3着キングズオブザサンも波乱を演出した1頭。こちらは、GIII京成杯(中山・芝2000m)で2着、GII弥生賞(中山・芝2000m)で5着など、クラシック路線となる中距離の重賞で好走していた。それが、GI皐月賞(中山・芝2000m)で15着に大敗を喫して人気急落。しかしながら、1600mの短距離に矛先を変えて激走したのだった。

 今年、その雰囲気に似た馬が1頭いる。プラチナヴォイスだ。


波乱を起こしても不思議ではないプラチナヴォイス こちらも、GIIIきさらぎ賞(2月5日/京都・芝1800m)で4着、GIIスプリングS(3月19日/中山・芝1800m)で3着と、中距離の重賞で好走してきた。しかし、皐月賞(4月16日)で10着に敗戦。今回は人気落ち必至だが、マイルに路線を変えて一発あってもおかしくない。

 キングズオブザサンと同様、1800m以上の中距離しか走っていないものの、重賞で好走している力が距離短縮で好作用を生む可能性もある。キングズオブザサンのような番狂わせを起こしてくれることを期待したい。

 最後に、先述した2007年についても触れておきたい。17番人気で勝利をさらったピンクカメオは、桜花賞14着から挑んだ牝馬の1頭。オープン特別の菜の花賞(中山・芝1600m)を制しており、ある程度の力は見せていた。そして、渋った馬場も味方したと言えよう。

 もしもこの馬に似た存在を探すなら、今年はリエノテソーロが面白いのではないだろうか。

 交流GIの全日本2歳優駿(2016年12月14日/川崎・ダート1600m)を制するなど、ダート馬の印象が強いが、デビュー戦と2戦目のオープン特別・すずらん賞(2016年9月4日/札幌・芝1200m)では芝で連勝を決めている。

 久々の芝だった前走のアネモネS(3月11日/中山・芝1600m)でも、勝ち馬にコンマ2秒差の4着と好走。今回はさらにパフォーマンスを上げてくるかもしれない。もしも2007年と同じく、少しでも雨が降って馬場が渋れば、よりチャンスは増すはずだ。 大混戦のNHKマイル。何度となく波乱があった舞台で、今年も驚愕の大波乱が起こるのか。超高配当を夢見て勝負してみるのも一興ではないだろうか。