角居厩舎からの出走馬の勝算は?

写真拡大

 昨年の年度代表馬で連覇を狙うキタサンブラック。そのキタサンブラックを有馬記念で破ったサトノダイヤモンド。今年初戦でさらに成長を見せた2頭の対決で盛り上がりを見せる天皇賞(春)。そこに角居厩舎の“遅れてきた大物”も参戦する。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、天皇賞に出走する4歳馬シャケトラについて解説する。

 * * *
 先ごろ上梓した『競馬感性の法則』(小学館新書)では、天皇賞(春)について、「種牡馬にしたい馬にとって、天皇賞を使う意味があるのか」と書きました。種牡馬についてもスピード重視が時代の流れである、と。

 その舞台に4歳馬のシャケトラを出走させます。もちろん種牡馬にしたい馬ですが、前言撤回ではありません。長い距離に特化すれば、意味があります。

 2歳夏のデビュー直前に軽い骨折が見つかり、実際にデビューしたのは昨年6月の阪神の2000メートル。じっくり後方でかまえて、上がり34秒1であっさり抜け出しました。2戦目は3着に甘んじたものの、ひと息入れて距離を2400メートルに延ばした3戦目、2200メートルの1000万特別を難なく勝ち、今年1月にはGII日経新春杯に格上挑戦。53キロという恵量だったとはいえ、バリバリのオープン馬相手に2着を確保してくれました。

 とはいえ、この時点ではまだまだ天皇賞なんて頭にありません。前走のGII日経賞もゴールドアクターやディーマジェスティといったGI馬がいて、このメンバーでそこそこやれるのなら先々楽しみだと思って出走させました。あんなに後ろから競馬をするとは思わなかったけれど、先行馬が粘る中での強い競馬。田辺裕信騎手が馬の力を上手に引き出してくれました。

 結果論になりますが、デビューが遅かったことでじっくり体を作ることができた。体のバランスがよく、きれいな馬体で見るからにいい馬という感じ。ただ、マンハッタンカフェ産駒らしく柔らかすぎて少し緩く、できあがるまでに時間がかかりそうな印象。そのぶん距離の融通性はあると思いました。

 予想どおりトモが弱くて、ヒザ裏が張りがち。能力があるから、休み休みいこうと決断しての遅いデビューです。名前の由来(イタリア産のデザートワイン)のとおり、最後からゆっくり行こうと思ったわけです。

 淀の3200メートルはもちろん初めてですが、大丈夫だと思います。スローペースになりそうですが、引っ掛かる心配がないところが強み。ある程度前で競馬ができる器用さもあります。

 とはいえ今年の天皇賞は役者が揃います。昨年の今頃はまだデビューすらしていなかった馬が、昨年の有馬記念を争った名馬たちと、同じ土俵に立てるとは思わなかった。

 キャリアわずか6戦でまだまだ未知数。強い相手と戦うことで、また強くなるかもしれないという楽しみもあります。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。2000年に調教師免許取得、2001年に開業。以後15年で中央GI勝利数23は歴代3位、現役では2位。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、エピファネイア、サンビスタなど。『競馬感性の法則』(小学館新書)が好評発売中。

※出走予定馬、成績などは4月18日時点のもの。

※週刊ポスト2017年4月28日号