ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 春のGIシリーズは、これから6週連続開催。いよいよ佳境に入っていきますね。

 今週は、「8大競走」のひとつである天皇賞・春(4月30日/京都・芝3200m)が開催されます。ジャパンC(東京・芝2400m)の施行により、距離が短縮された天皇賞・秋(東京・芝2000m)とは違って、第4回(春としては2回目)から一貫して芝3200mという長丁場で争われてきた伝統の一戦です。

 実力はもちろん、地力や底力が問われる舞台とあって、かつてはタマモクロスをはじめ、スーパークリーク、メジロマックイーン、ライスシャワー、ビワハヤヒデ、メジロブライトなど、誰もが認める力のある馬が優勝。その分、”堅い”イメージが強いレースでした。しかし近年は、”荒れる”イメージのほうが強くなっています。

 実際、過去3年間の3連単の配当は、すべて20万円超えの高配当。その少し前には、91万1660円(2010年)、145万2520円(2012年)という超高額配当も飛び出していて、荒れに荒れています。

 その高配当を、逆の意味で演出しているのが、単勝1倍台の断然人気で馬群に沈んできたオルフェーヴルやゴールドシップ、キズナらの存在。また、上位人気馬がきっちり走ったとしても、相手に超人気薄が飛び込んできて高配当になる、そうした状況がずっと続いています。

 その理由は、馬づくりにおいて、やはりスピード優先になってきているからでしょう。

 それこそ、天皇賞・春が”堅かった”頃は、菊花賞(京都・芝3000m)や有馬記念(中山・芝2500m)、そしてこの天皇賞・春を含めて、中距離以上の大レースを勝った馬の価値が高い時代でした。それが今は、モーリスやロードカナロアが種牡馬としての価値を高めているように、どちらかと言えば、スピード優先の配合が多くなっています。

 その要因としては、マイルから中距離戦線の番組構成が充実していること。そして、それらの路線の賞金も高額になっていることが挙げられます。ゆえに、3200mという長丁場でタフなレースにマッチする馬が極端に減っていて、それが波乱を起こす、ひとつの要因になっていると思います。

 誤解がないよう、ここでひとつ断っておきますが、スピード優先の配合だから「この舞台では来ない」と言っているわけではありません。例えば、人気がなくて、終(しま)いにかける漁夫の利を狙ったような競馬をすれば、本質的にはマイラーの馬でも好走する可能性はあります。距離は違いますが、昨秋の菊花賞で2着に入ったレインボーライン(牡4歳)などは、その類いだと思います。

 ある程度人気を集め、関係者自身も、もちろん手綱をとるジョッキーも、勝利を意識しながら勝つ――それには、地力が必要であり、距離適性も求められる、ということです。

 では、今年の天皇賞・春はどうなのか?

 キタサンブラック(牡5歳)については、血統背景は「?」と思っていたのですが、実際には菊花賞、さらには昨年のこのレースを制しているわけですから、長丁場に対しての適性は問題ないでしょう。唯一、いつも気になることなんですが、決め手勝負になった場合がどうなのか。

 長丁場のレースでは、時として考えられないような超スローで、究極の決め手勝負になるときがあります。もしそうなった場合、決め手の差で敗れることは考えられます。

 ただ、鞍上が”名手”武豊騎手。今までも、そういうレースにならないように展開を作ってきていると思います。出遅れや不利があるなど、余程のことがない限り、今回もそうした流れにはならないでしょう。

 一方、キタサンブラックと「2強」を形成するサトノダイヤモンド(牡4歳)はどうか。こちらは、鋭い決め手を秘めています。つまり、スピードがあるということ。ゆえに、キタサンブラックとは反対に、厳しい流れになって究極の地力勝負となった場合は、ひょっとしたら崩れてしまうかもしれません。

 しかしこちらも、気になるのはその程度。昨年末の有馬記念の頃にはまだ気性の幼さがうかがえ、馬体も華奢(きゃしゃ)に見えましたが、前走の阪神大賞典(3月19日/阪神・芝3000m)の際には、気性にも、馬体にも、大きな成長が感じられました。

 まだ完成はしていないと思いますが、現時点でもものすごいオーラを感じます。キタサンブラックを負かすとすれば、やはりこの馬が最右翼になると言えるでしょうね。

 もう1頭、この2頭に迫れると思っている馬がいます。サトノダイヤモンドと同じ世代のシャケトラ(牡4歳)です。

 この馬のデビュー戦は、昨年の6月。日本ダービーの2週間後と遅かったのですが、その当時からオープン馬のようなオーラを放ち、それこそ2週間前のダービーに出走していてもおかしくないほどの雰囲気をかもし出していました。

 それから約10カ月、いよいよ世代王者のサトノダイヤモンドと対決するときがやって来ました。この対戦は本当に楽しみで、注目しています。

 さて、このレースの「ヒモ穴馬」には、鞍上が横山典弘騎手に替わるゴールドアクター(牡6歳)を取り上げたいと思います。


GI2勝目を狙うゴールドアクター 一昨年のグランプリホースですが、その後はGIタイトルを手にすることができていません。さらなる飛躍が期待された昨年も、GIIまでは勝てるものの、GIでは好走しても勝つまでは……という感じでした。そのうえ、今年の始動戦となった日経賞(3月25日/中山・芝2500m)でも5着。これで一層、同馬に対する評価は下がりそうです。

 現時点で、この馬のキャリアハイは一昨年の有馬記念。この当時がピークだったとも考えられます。しかし、この馬はかなり気難しい面を持ち合わせているな、とも思っていました。それが能力を出し切れないひとつの理由かもしれません。

 その点、今回の鞍上は数々のクセ馬も御(ぎょ)してきた横山典騎手。その巧みな騎乗技術によって、一変したレースを見せてくれてもおかしくありません。 現に、これまで彼の手によって天皇賞・春を制したイングランディーレも、そしてゴールドシップも、明らかにクセ馬でした。ゴールドアクターの一発にも期待が持てます。楽しみですね。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>