27日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、木村拓哉が、とある番組プロデューサーに腹を立てて異色の仕返しをした逸話を明かした。

番組では「食わず嫌い王決定戦」の企画で、木村と、女優の杉咲花が顔を合わせ、互いの食わず嫌いを当てながら、とんねるずのふたりとトークを繰り広げた。トークでは、現在19歳の杉咲を前に、木村が19歳だったころ、歌番組「夜のヒットスタジオ」などで光GENJIのバックで踊っていたと振り返る。

「夜のヒットスタジオ」の番組名に、石橋貴明は同番組や「スターどっきり(秘)報告」の名プロデューサーだった、井上信悟氏の名前を挙げる。

そんな井上氏だが、実は木村には因縁があるよう。若いころに仕事で「肝試しみたいなこと」をやらされた際、悲鳴を挙げさせられた木村は「チクショー! 」と思い、井上氏への仕返しを思いつく。中皿ほどの巨大なカエルを見つけた木村は、それを捕まえると、井上氏の宿泊するコテージに忍び込み、トイレの便器に巨大なカエルを放り込んだ、というのだ。

話を聞いていた木梨憲武が「すごいね。放送でも何でもない、ただの仕返しで? すげえなあ!」と、声を上げた。木村は「そうしたら夜『うわああ!』っていう(井上氏の)声が聞こえてきて。『よっし!」と、思って」と、仕返しの顛末を語り、スタジオは笑いに包まれていた。

【関連記事】
木村拓哉が気持ちを入れ替えた「先輩」の言葉「俺らは生かされとるのや」
明石家さんまに新しい恋の予感? 木村拓哉が暴露
木村拓哉が同業者からされて嫌なこと「キムタク」呼ばわりに不快感