断然1番人気のソウルスターリングで挑んだ桜花賞(4月9日/阪神・芝1600m)は、まさかの3着。続いて、3戦無敗のレイデオロに騎乗した皐月賞(4月16日/中山・芝2000m)も、5着に終わった。

 この春の3歳クラシックにおいて、クリストフ・ルメール騎手の”苦戦”が続いている。

 桜花賞は重い馬場、皐月賞は休み明けと、それぞれ主たる敗因はあった。しかしレース後、ルメール騎手の”消極的な騎乗”にも問題があったのではないか、という声も上がっている。

 2年前、晴れてJRAの騎手となって以来、「うまい」「さすが」と称賛を浴び続けてきたルメール騎手は、こうした声をどんな思いで受け止めているのだろうか。

 一見クールに見えて、実は内に熱く燃えるものを抱えているルメール騎手。そのことは、昨年末の有馬記念を勝ったあとの、涙の勝利騎手インタビューによく表れていた。

 ルメール騎手に直接話をうかがったところ、あの涙には伏線があった。

 昨年の3歳クラシックにおいて、サトノダイヤモンドに騎乗したルメール騎手。その結果、同じく主戦を務めていたマカヒキを手放すことになったが、そのマカヒキに日本ダービーを勝たれてしまった。以来、あちらこちらで「なぜ、マカヒキを選ばなかったのか?」という、多分に批判めいた質問ばかり受けていた。

 それでも、得意のルメールスマイルを欠かすことなく、傍から見ればそのような声は飄々と聞き流しているかのように見えたが、実のところ、ルメール騎手はかなり傷ついていたのだ。そして、胸の内では「あの決断はミステイクじゃない」と繰り返し、同時に「いつか、そのことを証明して見せる」と誓っていた。

 それゆえ、有馬記念で当時の現役最強馬であるキタサンブラックを負かしたとき、それまでの悔しさや、耐えてきた気持ちが、胸の中に一気によみがえってきた。その分、勝利した感動が余計に高まって、涙をこらえることができないところまで達してしまったのだという。

 繰り返すが、彼は熱い男なのである。

 そのルメール騎手が、この春のクラシック2戦では思うような結果を得られず、ファンや関係者から批判めいた声が聞こえてくるようになっては、さすがに内心穏やかではないだろう。

 仮にそうした声が耳に届いていないとしても、クラシック2戦を含めた、ここまでの春のGIの成績は、「世界の」と称されるルメール騎手には、到底納得のいくものではないはずだ。

 その意味でも、「我が子のようだ」と厚い信頼を寄せるサトノダイヤモンドで臨む、今週末の天皇賞・春(4月30日/京都・芝3200m)は「負けられない」というより「どうしても勝たなければいけない」一戦だ。



現役最強馬として天皇賞・春に臨むサトノダイヤモンド 前哨戦の阪神大賞典(3月19日/阪神・芝3000m)は完勝だった。ただ、ルメール騎手からすれば、いくつか不満があったらしい。

 ひとつは、道中で引っかかり気味になって、何度も行きたがったこと。もうひとつは、最後の直線におけるゴーサインを出してからの反応だ。「ちょっと時間がかかりました」とルメール騎手が話すように、ややもたつくところがあったらしい。

 とはいえ、ルメール騎手は何ら心配していない。前走の、こうしたいくつかの不満については「休み明けだから」と割り切っている。そして、ルメール騎手はきっぱりと言った。

「次はもっとよくなる。距離も問題ない。だって、3000mの菊花賞を楽勝しているでしょ」

 休み明けということもあって、イマイチな状態にあった前走。それでも余裕を持って勝ち切ったことで、ルメール騎手の「次は勝てる」という自信はより強固なものになったようだ。

 この天皇賞・春のあとには、再び3歳春のクラシック、オークス(5月21日/東京・芝2400m)と日本ダービー(5月28日/東京・芝2400m)が控える。そこに向けて弾みをつけるためにも、ここは負けられない。

 本質的な距離適性はもう少し短いところにありながら、それでもサトノダイヤモンドが大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)ではなく、あえて天皇賞・春を選択したのは、秋に凱旋門賞(フランス・芝2400m)を戦うため。世界最高峰のレースを制するには、日本ではこれぐらいの距離をこなしておく必要があるため、と言われる。 世界を目指す馬にとっても、春のクラシック前半戦の屈辱を晴らし、後半戦への巻き返しを期す騎手にとっても、ここは本当に負けられない、大事な一戦となる。

■競馬 記事一覧>>