血を流すメッシ

写真拡大

FCバルセロナの歴史的大逆転勝利で終わったクラシコ、リーガ優勝を手繰り寄せる非常に価値のある勝利だ。

この試合、前半20分を過ぎた頃、メッシが血を流すアクシデントに見舞われる。
メッシがマルセロと競り合った際に、肘がメッシの口に当たり、倒れ込む。しばらくうずくまっていたメッシにカメラが寄ると口が切れて流血していた。

審判はマルセロの行為にカードは出さず、メッシは一度ピッチを出て応急処置を受けた。そして、ピッチに戻って10分後に試合を同点に持ち込む素晴らしいシュートを決め、バルサの勝利を決定づけるアディショナルタイムの逆転ゴールを決めている。