角居勝彦氏が騎手の秘密を語る

写真拡大

 前走から騎手が替わるとき、競馬新聞にはそのことが明記される。つまりは、騎手が誰なのかは、馬券検討にも不可欠なファクターであるということだ。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、騎手の乗り替わりが持つ意味について解説する。

 * * *
 3歳牝馬サロニカは、残念ながら桜花賞目前での出走取消となってしまいましたが、それまでの3戦とも異なるジョッキーが跨がっていました。新馬戦は川田将雅、白梅賞はM・デムーロ、エルフィンSは福永祐一でした。いずれも当代一流の乗り手ですが、クラシックに向かうような3歳馬、特に牝馬は、なるべくジョッキーを固定したいものです。

 この時期の牝馬は繊細で神経質。鞍上が替わったことが分かります。

 馬は自分の走るリズムを持っている。ジョッキーにも騎乗リズムがあり、二つがうまく噛み合うといい。トップジョッキーが何度か乗れば馬のリズムに寄り添うことができます。馬も「分かってくれてるね」と安心します。

 ジョッキーにとっても、何をしたらスイッチが入り、何をしたら脚が鈍るのかが分かる。どれだけ足を使えるかをジョッキーは常に考えます。ゴール板までの走りがエネルギーにあふれている状態。才能ある3歳馬ならば、使える足がレースごとに伸びていく。どこで追い出せば勝てるのか、お手馬にすることでジョッキーの感触が冴えてくるのです。

 こういう馬の成長を、テン乗りでは実感できません。追い出しが短くなったり、伸びすぎて手前で垂れたりと、そういうことが起こりやすい。

 では乗り替わりのないほうが絶対にいいかというと、そうとも言えない。能力はあるはずだし、騎手の乗り方も悪くないのに結果が出ない馬の場合、ジョッキーが替わると、馬も変わることもある。

 特に外国人ジョッキーの手綱。彼らは馬にショックを与えてくれます。筋肉が硬くて動けなかった部分を、技術とパワーで巧みに動かし、走りを引き出してくれる。「この筋肉が動けば、この馬はもっと走る」という感触が分かるのでしょう。こういう場合の乗り替わりは、馬にとっての転機となります。

 いい効果を意図する場合もあります。ズブい馬ならば、がっちり追ってくれる岩田康誠騎手、内田博幸騎手に依頼する。前進気勢が旺盛で引っかかってしまう馬なら、手綱のやわらかい騎手に任せたい。目論見が図にあたれば、その騎手にしばらく乗ってもらうことになります。

「ズブい馬=強い手綱」「引っかかる馬=柔らかい手綱」という常識から外れて、良い結果を出しているコンビもいます。

 たとえば、ハッピーモーメント。準オープン昇格後の3戦が着外続きでしたが、昨年夏の新潟で関東の津村明秀騎手に乗ってもらったところ6番人気の2着と好走。以後、続けて乗ってもらっていずれも掲示板を確保。今年2月の早春Sで勝利し、7歳でオープン入りを果たすことができました。ジョッキーのリズムと馬のリズムが合うんですね。

 一回結果を出して次走で負けた。そういうジョッキーが、しばらくしてまた乗る。馬券検討からすれば、そんなケースは注目かもしれません。馬のリズムをジョッキーは分かっています。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎の調教助手を経て2000年に調教師免許取得。2001年に開業、以後15年で中央GI勝利数23は歴代3位、現役では2位。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにウオッカ、エピファネイアなど。『競馬感性の法則』(小学館新書)が好評発売中。

※週刊ポスト2017年4月28日号