ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今週、いよいよ皐月賞(4月16日/中山・芝2000m)が開催されます。僕がサニーブライアンで勝たせていただいたのが1997年。あれから、もう20年の月日が経つんですね。

 昔から「皐月賞は速い馬、ダービーは運のある馬、菊花賞は強い馬が勝つ」と言われていますが、そのとおり、今でも皐月賞はスピードのあるマイラータイプの馬がよく勝っています。ここ最近の勝ち馬を見てみても、イスラボニータ(2014年)やロゴタイプ(2013年)などが、古馬になってからマイル路線で活躍しています。昨年の勝ち馬ディーマジェスティも、もしかするとマイラーかもしれませんね。

 その他、近年ではドゥラメンテ(2015年)とゴールドシップ(2012年)が勝ち馬に名を連ねていますが、これら2頭はともに二冠馬です。ここで、ひとつの定義を定めるならば、皐月賞は「マイラーか、二冠以上できるほど世代で突出した馬が勝つ」と言えるかもしれません。

 では、今年の世代で突出した馬はいるでしょうか?

 まず今年、皐月賞の出走予定馬で重賞を2勝以上しているのは、カデナ(牡3歳)1頭のみ。2歳戦の重賞が増設されていることを考えると、やや少ない気がしますが、昨年も皐月賞出走馬で重賞を2勝以上していた馬は1頭もいませんでした。

 それは最近、年明けの重賞を勝った馬が、そのまま皐月賞に直行してくることが増えているからでしょう。今年はその傾向が特に顕著で、GI朝日杯フューチュリティS(2016年12月18日/阪神・芝1600m)の覇者サトノアレス(牡3歳)を凌ぐ高評価を得ていたレイデオロ(牡3歳)が、昨年末のホープフルS(2016年12月25日/中山・芝2000m)からのぶっつけで挑んでくるほどです。

 さらに、きさらぎ賞(2月5日/京都・芝1800m)を勝ったアメリカズカップ(牡3歳)、共同通信杯(2月12日/東京・芝1800m)を制したスワーヴリチャード(牡3歳)、アーリントンC(2月25日/阪神・芝1600m)を快勝したペルシアンナイト(牡3歳)ら重賞ウイナーが、ことごとく前哨戦をパスして本番に駒を進めてきました。

 これら4頭は、どこかのトライアルを使っていれば、おそらく勝ち負けになっていたはず。もちろん勝っていたことも十分に考えられ、そうすれば複数の重賞を勝っている馬がもう少し増えていたでしょう。加えて、全体的な能力比較もよりわかりやすくなっていたと思います。もしレイデオロがトライアルを使って勝っていれば、ここでは間違いなく1番人気になっていたでしょうしね。

 そんな4頭ですが、実は「世代で突出した馬」である可能性を秘めていると思います。

 それぞれ1番人気にはならないかもしれませんが、面白いことに、ドゥラメンテやゴールドシップ、さらには三冠馬のオルフェーヴルや、メイショウサムソンなど、最近二冠以上達成した馬のほとんどは、皐月賞では1番人気ではありませんでした。ちなみに、サニーブライアンも11番人気と人気はありませんでした。

 さて、今回1番人気になりそうなのは、まずはカデナでしょうか。

 前述したとおり、出走馬の中では唯一の重賞複数勝利馬ですからね。しかも、昨秋の京都2歳S(2016年11月26日/京都・芝2000m)を制したあとは、クラシックを睨んで休養。始動戦は弥生賞(3月5日/中山・芝2000m)という王道を選択し、陣営が思い描く青写真どおりに勝利を収めました。この弥生賞で、もっと強力なメンバーがそろっていれば、それこそ間違いなく1番人気になっていたでしょうね。

 弥生賞のレベルはどうあれ、父ディープインパクトを彷彿とさせるその走りと、鋭い決め手は特筆モノ。そういう意味では、カデナも「世代で突出した馬」である可能性は秘めています。

 そしてもう1頭、1番人気になりそうな候補がいます。話題性もある、牝馬のファンディーナ(牝3歳)です。

 実際、その資質はかなりのモノ。大きなストライドから繰り出す脚力には、何かエンジンの違いを感じます。そのうえで、操縦性のいい素直な気性にも好感が持てます。前走フラワーC(3月20日/中山・芝1800m)では長距離輸送もクリアしましたし、同馬が「突出した馬」になったとしても不思議ではありません。

 ただ、牡馬クラシックに牝馬が挑むのは、本当に大変なことなんです。やはり”ひとつの壁”はあります。

 スムーズに2、3番手につけられて、レースが淡々と流れればいいのですが、馬込みで揉まれると怯(ひる)んでしまう可能性はあります。問題はゴチャつきやすい1コーナー。このコーナーの入り方が、勝敗を左右する大きなカギになるでしょうね。

 ここまで挙げた6頭は、どの馬にもチャンスがあります。それぞれ、どんな競馬をしてくれるのか、楽しみです。

 ところで、先ほど定めた定義のもうひとつ、今年の世代でマイラー色の濃い馬はいるのか?

「ダービー(東京・芝2400m)では距離が長いだろうな……」と思われる馬は何頭かいます。なかでも、早々と陣営が「皐月賞後はNHKマイルCへ」と公言しているアウトライアーズ(牡3歳)は、その筆頭です。陣営がそこまで言うのですから、マイラーなのでしょう。


皐月賞で波乱を起こしそうなアウトライアーズ 確かに、3走前の百日草特別(3着。2016年11月6日/東京・芝2000m)、そして前走のスプリングS(2着。3月19日/中山・芝1800m)でも、鞍上の田辺裕信騎手が抑えるのに苦労しているように見えました。それでも、それぞれのレースでギリギリ我慢して善戦できたのは、田辺騎手の巧みな技術のおかげでしょう。

 もちろん、同馬の実力もあるから、たとえ適距離でなくても好走できたのです。最後の坂をものともせずグイグイ伸びてくる決め手には、中山コースへの適性の高さを感じますし、2000m戦までは十分守備範囲でしょう。

 また、このレースに臨む過程において、陣営の期待と自信がうかがえます。

 2勝目を挙げたのが昨年末。普通なら、年明けのどこかで重賞を使うところでしょう。しかしこの馬は、休養してスプリングS1本に絞って挑んできました。

 これは、ぶっつけで、しかもオツリを残した状態でトライアルに挑んでも、優先出走権(3着以内)が獲れるという自信があったからではないでしょうか。それは同時に、陣営の同馬への期待の表れだと思います。 今回は、このアウトライアーズを「ヒモ穴馬」に抜擢したいと思います。まだ重賞勝ちはありませんが、大一番での一発に期待しています。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>