牡馬クラシックの第1弾、GI皐月賞(4月16日/中山・芝2000m)がいよいよ近づいてきた。今年の3歳世代は「牝馬は超ハイレベル、牡馬は今ひとつ」という評価が常につきまとっていたが、それを象徴するかのように、牝馬ながらに参戦を表明したファンディーナ(牝3歳/父ディープインパクト)が人気、話題ともに中心となっている。勝てば、前身のレースを含めて69年ぶりの快挙となるが、3戦無敗の内容がいずれも圧勝だったのだから高い評価も無理はない。

 しかし、快進撃を続けるファンディーナとて不安がないわけではない。何より大きいのが、中3週で栗東から中山競馬場への輸送が続くこと。トライアルのチューリップ賞を制し、磐石と見られていた桜花賞のソウルスターリングの敗戦も前哨戦、本番と続いた長距離輸送もその一因と見られている。加えて、ファンディーナはこの皐月賞が今年4戦目となる。500kgを超える雄大な馬格を誇り、追い切りでも坂路を併せ馬で2本登る3歳牝馬とは思えないタフな馬だが、逆に疲労の蓄積が気になるところだ。


共同通信杯から十分に間隔をとって皐月賞に臨むスワーヴリチャード
 そうした点を鑑(かんが)みると、ゆったりとしたローテーションで、しかも結果を伴っている馬に好感を抱く。これに該当するのがGIII共同通信杯(2月12日/東京・芝1800m)を勝ったスワーヴリチャード(牡3歳/父ハーツクライ)と、GII弥生賞(3月5日/中山・芝2000m)を勝ったカデナ(牡3歳/父ディープインパクト)だ。


 スワーヴリチャードは2歳の9月にデビュー以来4戦2勝2着2回。それぞれ阪神と東京2戦ずつで、初めての競馬場では2着に敗れながらも、経験を得た2戦目ではともに勝利を挙げてきた。昨年のGIII東京スポーツ杯2歳ステークス(2016年11月19日/東京・芝1800m)で2着となったあと、今年は2月の共同通信杯に出走し、1番人気に応えた。皐月賞はそれ以来2ヶ月ぶりの出走となる。

 共同通信杯からの直行といえば、昨年のディーマジェスティを筆頭にドゥラメンテ、イスラボニータ、ゴールドシップと過去5年で4頭の勝ち馬が出ており、今や必勝ローテーションと言える。舞台となる東京芝1800mは紛れが少なく、実力どおりに決まりやすい。当然、他の陣営も同じ思惑で出走させる中、一戦必勝態勢で結果を出してきただけに、今年の勝ち馬であるスワーヴリチャードにかかる期待も大きい。

 指揮官である庄野靖志調教師も共同通信杯勝利後に「勝って賞金を加算できたことで、(この後は)皐月賞一本に絞れるのは大きい」と話した。

 一旦放牧に出されたスワーヴリチャードは、2週間ほどでトレセンに戻ると、3月1週目には早くも時計を出し、じっくりとパワーアップに努めている。東京スポーツ杯から共同通信杯が約3ヵ月で、今回が2ヵ月の間隔。休み明けを苦にするタイプではない。むしろ、東京スポーツ杯でハナ差だったムーヴザワールドを、共同通信杯では3馬身近く引き離したように、間隔を取ることで成長が促されてきた。課題は初コースとなる中山だが、この点も庄野調教師は自信を見せる。


「前走もスタートしてから促して位置を取りに行っても折り合いを欠くようなところもなかった。ギアチェンジも早いので、こなしてくれると思う」

 今週12日に行なわれた最終追い切りは、調教パートナーを2秒近く先に行かせ、最後まで手応え十分のままクビ差ほど先着してゴール。輸送を控えているとは思えない意欲的な動きを見せた。これもゆったりとしたローテーションのなせる部分だろう。

 一方のカデナも、昨年2着のマカヒキや、3年前の2着のトゥザワールドと同じ弥生賞の勝ち馬。どちらかといえば、この後の日本ダービー(東京・芝2400m)との関連が強いが、決して皐月賞でも相性が悪いわけではない。もとより、今回出走するメンバーのうち、唯一の重賞2勝馬と実績では他馬をリードしている。

 休み明けだった弥生賞において、中竹和也調教師は「正直、仕上げが甘かったかな」、福永祐一騎手も「目一杯でなく体に余裕があるのかな」と口を揃えるデキだったという。しかし、レースでは後方で折り合い、直線では一気の末脚で差し切り、重賞ウィナーの貫禄を見せた。「先を見据えた状態で勝つポテンシャル」に福永騎手も本番に向けて手応えを感じたという。


「2歳の頃は『タイヤがすごく、ボディが軽い』というイメージだったのが、上下のバランスがよくなり、皮膚が筋肉にしっかり張りついたようなメリハリのある体に成長しました」

 中竹調教師はカデナの成長を淡々と語るが、その語り口には自信が伺えた。また中間も福永騎手が厩舎スタッフと綿密にコミュニケーションをとりながら調整。1週前の追い切りでは調教駆けするオープン馬と併せ、さらに12日の朝も坂路で仕上げた。

「最終追い切りも福永騎手には『反応が悪かったら追って』と指示しましたが、特にそういった動きも見せませんでした。完成形を迎えるのは3歳の秋だとは思いますが、現時点での状態としては満足がいくところまで仕上がっています」

 牝馬が主役と見られていたのは昨年末の朝日杯も同じ。そこでも牡馬が意地を見せた。皐月賞でも王座を譲るわけにはいかない。

■競馬 記事一覧>>