4月16日(日)には中山競馬場にて3歳牡馬クラシック第1弾のGI皐月賞(芝2000m)が行なわれる。

 今年の皐月賞における一番の話題は牝馬ファンディーナ(牝3歳/高野友和厩舎)の参戦だろう。GI皐月賞はGI日本ダービー、GI菊花賞と続く3歳クラシックレースの初戦で、元々牝馬も出走可能だが、前週に牝馬限定のGI桜花賞(阪神芝1600m)があるうえ、厳しい戦いが強いられるレースであることから、過去30年では1991年ダンスダンスダンス(5着)、2014年バウンスシャッセ(11着)の2頭しか出走がなかった。


「牝馬」ファンディーナが皐月賞挑戦。勝てば、69年ぶりの快挙!
 しかし、1950年代までは牝馬の出走もめずらしいことではなく、1947年トキツカゼ、48年ヒデヒカリの2頭が皐月賞を制している。ただ、この2回はいずれも「農林省賞典」のレース名で東京競馬場にて行なわれており、”中山の皐月賞”となってから牝馬の優勝はない。

 近年はウオッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナといった”女傑”たちが牡牝の枠を越えてGIレースで活躍を見せているが、前述の牡馬クラシックに限ると過去60年ほど遡っても勝ち馬は2007年日本ダービーのウオッカのみ。牝馬路線が整備されているため出走数自体が少ないこともあるが、データ的にはかなり難しいことであるのがわかる。


 ファンディーナに関して、性別に加えて注目すべきは、デビューからの日の浅さである。同馬は今年の1月22日にデビュー戦(京都・芝1800m)を勝ち上がっているが、過去の勝ち馬において3歳デビューで皐月賞を制したのは1988年のヤエノムテキ(2月27日デビュー、以下同)、98年のセイウンスカイ(1月5日)、2002年ノーリーズン(1月5日)など12頭で、ファンディーナが勝てばデビューから85日での戴冠となり、1976年のトウショウボーイと並び歴代9位の記録となる。ちなみに1位はデビューから6日(3戦目!)で制した1939年(第1回)のロツクパークである。年明けデビュー&無敗で皐月賞を勝てば、1985年ミホシンザン以来。無敗だけを見れば、父である2005年ディープインパクト以来12年ぶり。これだけでもなかなかの快挙である。

 ファンディーナのこれまでの走りを振り返ってみる。新馬戦は京都・芝1800m。1000m通過63秒4というスローペースで逃げる楽な展開であったが、軽く仕掛けただけで後続を9馬身突き放す圧勝。大物の片鱗を見せた。

 2戦目は同じコースで行なわれたつばき賞(2月19日/京都・芝1800m)。タガノアスワドが離した逃げで、64秒1というこれまた超スローペース。楽なペースで逃げた馬を、圧倒的な人気馬が差し切れずに終わるというのは競馬ではよくあるシーンだが、ファンディーナは難なく差し切り、ゴール前では1馬身3/4差をつけていた。特筆すべきはその上がり3ハロンのタイムで33秒0。これは2着タガノアスワド、3着インウィスパーズのそれを1秒2も上回るダントツの最速タイムだった。0秒2で1馬身差と言われるので、単純計算すると約600mの競走で6馬身の差がついたことになる。これは決定的な力の差と言える。


 そして、前走のGIIIフラワーカップ(3月20日/中山・芝1800m)。1000m通過61秒1と、それまでより速い展開となったが、スッと2番手を追走。4コーナーで早めに仕掛けると、難なく後続を突き放し、ほぼ馬なりのまま5馬身突き放す大楽勝だった。勝ち時計の1分48秒7は特段速いものではないが、最後は追っていないだけに、全力で走ればもっと速いタイムは出ただろう。

 全3戦を振り返ってみたが、競馬のレースを分析する際は勝ち時計だけでなく、上がり3ハロンのタイムや、”どれだけ強く追っていたか”などを見るのが重要。全3戦の勝ちタイムだけを見るとそれほど凄いものではないが、1戦目と3戦目は楽な手応えで出した時計であり、2戦目は他馬を大きく上回る上がり3ハロンタイム。3戦すべてで非凡な能力を十分すぎるほど示している。

 最後に血統を見てみよう。父ディープインパクトは言わずと知れた三冠馬であり、5年連続JRAリーディングサイアーに輝く大種牡馬。母ドリームオブジェニーは不出走だが、いとこに米GI馬イモリエントがおり、牝系は名種牡馬マキアヴェリアン、凱旋門賞馬バゴ、さらにはデインヒル、ノーザンダンサー、ヘイローなど競馬史に残る名種牡馬を送り出した、世界的な名門ファミリーである。名馬となるに相応しい血統馬と言えるだろう。

 もちろん、皐月賞はこれまでの3戦に比べ、相手のレベルも格段にアップする。しかし、時計面からもレースぶりからも十分クラシック級の力を示しており、皐月賞を勝っても不思議ない実力馬であることは確かだ。


 唯一の不安点を挙げるとすれば、”負けていないこと”だ。競走馬は負けることによって弱点や課題などが見えるもので、”負ける”ことから得る経験は計り知れない。皐月賞に限っても過去3年で5頭の無敗馬(マカヒキ、サトノダイヤモンド、キタサンブラック、サトノクラウン、トーセンスターダム)が挑戦してきたが、いずれも勝利には至っていない。この5頭中4頭はその後GIを勝っているが、それほどの馬でもクラシックレース初戦は、”負けを知る馬”に敗れているのだ。それまでは無敗できても、頭数が増えて相手も強くなるクラシックレース本番では、苦汁をなめるケースが多いのである。先週の桜花賞も、無傷の4連勝で単勝1.4倍の断然人気だったソウルスターリングが3着に敗退。改めて、”無敗でクラシックレースを勝つことの難しさ”を見せつけられた。

 ファンディーナも、ここを勝てる力があるとはいえ、一気の相手強化でこれまでのような楽な競馬ができず、敗れる可能性は高いのではないか。これまでは好位3番手以内で競馬をしているが、好位が取れずに後方からの競馬になるとやや不安が残る。逆に、これまでと違う状況に陥ったとしても、それを克服して勝利するようなことがあれば、真の名馬の道を突き進むことだろう。ファンディーナがどんな走りを見せるか、大いに注目したい。

■競馬 記事一覧>>