映画『ジーサンズ はじめての強盗』

写真拡大

突然の年金打ち切りにより絶望にくれていた平均年齢80歳以上のジーサンたちが、どん底から這い上がるため生まれて初めて真面目な生き方を捨てることを決意し、人生のクライマックスにすべてを失うかもしれない命がけの大勝負に出る痛快コメディ映画『ジーサンズ はじめての強盗』が、6月24日(土)より新宿ピカデリーほかで公開されることが決定した。

ウィリー、ジョー、アル、3人のジーサンたちは慎ましくも幸せな老後生活を送っていた。ところがある日、長年勤めていた会社の合併によって、 年金を止められてしまう。40年以上も真面目にコツコツと働いた会社から見放された挙句、銀行からも冷たくあしらわれ、まさに"一寸先は闇"状態の3人。彼らが思いついた人生最後の賭けは、なんと銀行強盗だった⁉ なんとしてでも今までの生活を取り戻し、愛する家族と仲間たちとの幸せな余生を続けられるよう、3人は銀行の金を奪おうと、大胆で危険な賭けに出るが...。

体力以外は誰にも負けない最強の3人のジーサンたちを演じるのは、全員アカデミー賞受賞者というハリウッドのレジェンドたち。本作で夢の豪華共演が実現した。最近身体の不調が気になる、孫にメロメロの実直ジーサン、ウィリーを演じたのは『ミリオンダラー・ベイビー』『ショーシャンクの空に』の名優モーガン・フリーマン。銀行強盗を企てる冷静沈着な知能派ジーサン、ジョーを『ハンナとその姉妹』『サイダーハウス・ルール』のマイケル・ケイン。サックスプレイヤーで、心配症で気難しいモテジーサン、 アルを『リトル・ミス・サンシャイン』のアラン・アーキンが演じる。

日本公開に先駆け、先週7日(金)より北米で封切られ、当初の期待値を大きく上回り週末3日間で興行収入約13億9000万円の大ヒットスタートを切った本作。作品評価も非常に高く、特に50歳以上の観客から驚異的な支持を集めており、Box Office Mojo調べでは、レジェンドたちの共演を観るべく劇場に足を運んだ観客層の90%が35歳以上というデータが出ている。

名優たちが体を張ったアクションで演じきった一発逆転ストーリー! 老後の年金、住宅ローン、病気という身近な問題や、リタイア後の生活など、現代の社会問題を軽妙に描きつつ、大切な家族や仲間との愛を描いた後期高齢者応援ムービーにして、こんな破天荒なジーサンたちに会いたかったと元気と勇気が貰える気分爽快な痛快コメディだ。

ワーナー・ブラザース配給映画 『ジーサンズ はじめての強盗』は6月24日(土)全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)