プーチン大統領が米のシリア攻撃を批判「侵略行為」

ざっくり言うと

  • アメリカのシリア空軍基地に対するミサイル攻撃
  • ロシアのプーチン大統領は「主権国家に対する侵略行為」と批判した
  • 国際法違反であり、米ロ関係に深刻な悪影響を与えるとの認識を示した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング