ベッキー

写真拡大

6日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で、ベッキーがひそかにお笑いコンビ・ピース綾部祐二を「出禁」にしていたことを明かした。

番組では、4月に渡米する綾部を特集して懇意にある芸人たちがトークを繰り広げた。その中で仲のいい女性タレントとしてベッキーも登場し、綾部とのエピソードを披露する。ベッキーは、綾部を「お兄ちゃんみたい」と言うほど親しくしているそうで、自分の楽屋に綾部が度々訪れていたと思い出を語った。

なんでもベッキーが楽屋に入ると、すでに綾部がソファでくつろいでおり、自分の楽屋用のジャージを着用していたとのこと。スタジオからは非難の声が上がるも、綾部は「兄妹みたいなもん」だと開き直っていた。

相方の又吉直樹によると、ベッキーとは共演機会が多いらしく「(綾部は)ほぼベッキーさんの楽屋に毎回行く」「5回に1回はベッキーから『今日はホントにやめて』と怒られていた」と暴露した。

これに綾部は、ベッキーが神経質になっているときは遠慮していたと弁明するも、ベッキーは「ホントに嫌になるときが」あったと当時の心境を打ち明けたのだ。

さらにベッキーは自分のマネージャーに「ちょっと歌(番組)があるから、今日は対応できないって断ってください」と、歌をダシに綾部を出禁にしていたことを暴露。綾部は「そうだったの?」とすねた顔で嘆いていた。

【関連記事】
ピース・綾部祐二 渡米難航で住む場所がなくなってしまうピンチ
ピース・綾部祐二のアメリカ行きにクリス松村が辛らつ「留学辞めなさい」
ベッキーが「女性セブン」にみせた対応に編集部が感動