ゴールを決めた吉田麻也【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間5日にプレミアリーグ第31節の試合が行われ、サウサンプトンはクリスタル・パレスと対戦し3-1の勝利をおさめた。この試合で、サウサンプトン所属の日本代表DF吉田麻也が今季リーグ戦初ゴールを決めている。

 試合開始して31分、C・パレスのパス回しから守備を崩されクリスティアン・ベンテケに先制点を決められてしまう。それでも45分、右サイドからのクロスをネイサン・レドモンドが合わせ、サウサンプトンが同点に追いついた。

 そして84分、サウサンプトンは左サイドから攻撃を仕掛けてペナルティーエリア内に侵入すると、ゴール前に詰めていた吉田がラストパスを冷静に流し込み逆転に成功。直後の85分にもジェームズ・ウォード・プラウズが追加点を入れて、サウサンプトンは3-1の勝利をおさめている。吉田の今季リーグ戦初ゴールもあり、サウサンプトンは3試合ぶりの勝利を手にした。

text by 編集部