マリナーズ・岩隈久志【写真:Getty Images】

写真拡大

節目のメジャー700K、野茂らに次いで日本人5人目

 マリナーズ岩隈久志投手が4日(日本時間5日)の敵地アストロズ戦でメジャー通算700奪三振に到達した。日本人では5人目となった。

 昨季までの5シーズンで698個の三振を奪っていた右腕は今季初登板となったアストロズ戦で2回に4番コレアを空振り三振に仕留めると、3回、マッキャンに先制ソロを被弾した直後にゴンザレスから空振り三振を奪い、700奪三振に到達した。

 日本人投手では野茂英雄(1918奪三振)、黒田博樹(986奪三振)、ダルビッシュ有(816奪三振)、松坂大輔(720奪三振)に次いで5人目となった。