パン派? ごはん派? 交通手段と朝ごはんの意外な関係

写真拡大

日本人たるもの朝は白いご飯とお味噌汁というのはもう過去の話なのだろうか。「教えて!goo」を調べてみたところ、「朝ごはんはパン派ですか?ご飯派ですか?」という投稿があった。

質問者のaimiokuyamaさんの朝ごはんは、平日がごはんで休日は気分によっていろいろ食べるのだが、みんなは朝ごはんにパンを食べているのか、ごはんを食べているのか知りたいのだという。

朝食にはパンとごはん、どちらが多いのだろうか。回答欄を見てみると…。

■勝負は五分五分!優勢なのはパン派か!?

「パン派です。朝はコーヒー飲みたいので。ご飯は食べないですね。朝にご飯はしっくりこないんですよね」(akbkiraiさん)

「私はパンです。いつもサンドイッチを作ったり、蜂蜜を塗ります。一番オススメは、トマトとすりおろしニンニク、オリーブオイル、バジルと塩を混ぜ合わせたのをパンにのっけることです」(nao5147070さん)

「普段はほとんどがパン派です。(正月の雑煮や旅行時などを除く)バター塗りの食パン1〜2枚+ハムやソーセージまたはベーコン+野菜や果物+コップ1杯の牛乳。食後に新聞を読みながらホットコーヒー(ブラック)1杯。が、ほとんど毎日の定番メニューですね」(yotani0425さん)

「朝は黒糖パンと冷たい牛乳に溶けるココアを牛乳に溶かして終わりです。米飯は何故か朝は体が受け付けてくれないので仕方なくパンにしていますね。これだけでも糖質は摂れているのでエネルギーにはなるでしょう。食べない訳にはいきませんから」(Epsilon03さん)

などなど、パン派の方が若干多かった。ごはん離れを問題視するようになって久しいが、こうやって見てみると、本当にそういう傾向にあるようだ。ではなぜ、朝食においてごはんはパンに押され気味なのだろうか。

■ごはん離れの理由とは?

「基本的にご飯派ですね。朝の時間に余裕があるならばゆっくりとご飯を食べたいですが、ギリギリまで寝ていたい性格ゆえ片手で食べられるパンを朝食に取ることが最近多いです」(かいとmarさん)

「朝、時間があまりないのでパン派です。パンだとササッと食べられますからね」(リツマフさん)

というように、平日の朝は出勤で時間がないため朝食はパンでささっと済ませている人が多いようだ。かつては地元就職で自転車通勤が当たり前だったところでも、交通網の整備に伴って通勤可能な範囲が劇的に広がった。電車やクルマで1時間以上という人は大都市圏に限らず地方でも今や珍しくはない。その結果、パン派が多くなってきたのだとしたら、交通手段の発展もごはん離れの原因のひとつなのかもしれない。

花守深雪(Hanamori Miyuki)