気性が落ち着いていれば、ミスエルテも桜花賞の有力候補 4月9日に阪神競馬場にて3歳牝馬クラシック第1弾の桜花賞(芝1600m)が行なわれる。

 今年は昨年の最優秀2歳牝馬で、今年初戦のGIIIチューリップ賞(3月4日/阪神・芝1600m)も2馬身差で快勝して無傷の4連勝で臨むソウルスターリング(牝3歳・藤沢和雄厩舎/父フランケル)の圧倒的な人気が予想される。しかし、キャリアの浅い3歳牝馬の戦いであるし、何より当日の馬の体調やレース展開の紛れなどにより、何が起こるのか予測不可能なのが競馬というもの。断然人気馬を嫌って、逆転できる馬を探すという視点は常に持っておきたい。

 まず、逆転候補の筆頭に挙げるのはミスエルテ(牝3歳・池江泰寿厩舎)。ソウルスターリングと同じフランケル産駒の持込馬(海外で種付け後、母が輸入されて日本で生まれた馬)だ。本馬は昨年のGIIIファンタジーステークス(2016年11月5日/京都・芝1400m)で、目の覚めるような追い込み勝ちを決めている。

 昨年12月18日に行なわれたGI朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)4着以来、約4ヵ月ぶりの出走となり、このローテーションを不安視する声もあるが、特に体調や脚元に不安があったわけではなく、エキサイトしやすい気性から、この馬にとってベストと判断されてのもの。過去の傾向からは”ぶっつけ本番”は厳しいと言えるが、馬の仕上げ方や使い方も以前に比べて、だいぶ変わってきており、さらに人気も落ちて妙味があるので気にせず狙っていきたい。何より、これまで3戦して牝馬には負けていないというのも強みだ。また、今年のGI戦線はフェブラリーステークスのゴールドドリーム、大阪杯のキタサンブラックが今年初戦で勝利。この春は”年明け初戦”がトレンドなのかもしれない。

 血統的にも興味深い。母ミスエーニョはオールウェザー7ハロン(約1400m)の米GIデルマーデビュタントステークスを勝った実力馬で、その父は米国の大種牡馬エーピーインディ(その父シアトルスルー)産駒のプルピット。今年の3歳世代はGIIホープフルステークスのレイデオロ、GII弥生賞のカデナ、GIII共同通信杯のスワーヴリチャード、GIIIフラワーカップのファンディーナ、GIII毎日杯のアルアインと、母系にこのシアトルスルーの血を持っている馬から、重賞勝ち馬が続出しているのだ。ローテーション、血統とミスエルテに追い風が吹いているようだ。

 続いて、ソウルスターリングが勝ったチューリップ賞で2着に入ったのがミスパンテール(牝3歳・昆貢厩舎)。昨年7月札幌の新馬戦(芝1500m)以来約7ヵ月ぶりの実戦で、当日は単勝52.5倍の人気薄だったが、後方追走から上がり3ハロン33秒7というメンバー中最速となる鋭い差し脚を見せた。 父ダイワメジャーはGI皐月賞などGI5勝の名馬で、その妹は桜花賞馬ダイワスカーレット。母の従姉にオークス馬ウメノファイバーがいる牝馬クラシック血統だ。母の父シンボリクリスエスはGI有馬記念2勝の本格派で、成長力は十分。ひと叩きしての上昇も期待できそう。スタミナ比べでも力を発揮するだろう。

 リスグラシュー(牝3歳・矢作芳人厩舎/父ハーツクライ)は昨年のGIIIアルテミスステークス(2016年10月29日/東京・芝1600m)勝ち馬。昨年9月の未勝利戦(阪神・芝1800m)では牡馬相手に4馬身差の圧勝と強い競馬を見せていた。GI阪神ジュベナイルフィリーズでは2番人気に推されたが、大外18番枠からスタートで出遅れ、直線ではよく伸びたがソウルスターリングから1馬身1/4差の2着に終わっている。1枠2番から理想的な競馬で快勝したソウルスターリングとは対照的な内容で、スムーズな競馬なら同馬とはそれほど大きな差はないはずだ。

 それだけに、チューリップ賞で3着に敗れたのは不満が残るが、新馬戦でも2着に敗れているように、休み明けは走らないタイプと見ることもできる。馬体重もアルテミスステークス勝利時からは10kg重い438kgだったので、まだまだ上積みはありそうだ。母リリサイドは仏1000ギニー(桜花賞にあたるレース)で1位に入線しながら6着に降着となった”幻の桜花賞馬”。母の無念を日本で晴らしたい。

 最後に、アドドマイヤミヤビ(牝3歳・友道康夫厩舎)はGIIIクイーンカップ(2月11日/東京・芝1600m)の勝ち馬。デビュー戦こそ2着に敗れたが、そこから3連勝でここに臨んできた。3戦目の500万下、百日草特別(2016年11月6日/東京・芝2000m)では、後に弥生賞など重賞2勝したカデナ、GIIスプリングステークス2着のアウトライアーズなど牡馬の強豪を破っており、これまで牝馬には先着を許していない。リスグラシューと同じハーツクライ産駒で、祖母の弟は三冠馬ディープインパクトという良血。ホープフルステークスを勝った同い年のレイデオロとはまたいとこに当たる。血統的にも魅力十分だ。

 以上、ソウルスターリングの逆転候補として4頭を挙げたが、まだまだ魅力を感じる馬は残っているかもしれない。繰り返すが”競馬に絶対はない”。「ソウルスターリングで仕方ない」と決めつけるのではなく、日曜日まで時間はあるので、じっくりと検討したい。

■競馬 記事一覧>>