ギャンブル依存症の患者 前頭葉の一部の働きが弱い傾向にあると判明

ざっくり言うと

  • 京都大の研究チームが4日、ギャンブル依存症に関する調査結果を発表した
  • 背外側前頭前野の働きが、健常者に比べて平均約56%弱いことが判明
  • リスクの取り方を柔軟に切り替えられない傾向がうかがえるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング