たくさんの“ガヤ”が……

写真拡大

 TBSの情報バラエティー番組「王様のブランチ」新MC&新レギュラーの囲み取材が1日、同局内で行われ、新MCを務めるアンジャッシュの渡部建とタレントの佐藤栞里、新レギュラーメンバーとして加入するオリエンタルラジオの藤森慎吾と女優の大友花恋が出席した。今春22年目を迎えるTBSの看板番組の新MCに抜てきされ、リニューアル後初の4時間半の生放送を終えて報道陣の前に現れた渡部は「台本に1,067回と書いてあるのを見てゾッとしました」と素直な思いを吐露した。

 渡部は「MCという意識をあまり持たず、すごく楽しくやらせていただきました」と喜びつつ、「一回を終えることがこんなに大変なんだと思ったし、こんなに歴史ある番組をやらせていただけたんだなぁと身に染みました」としみじみと語った。さらに、前MCの谷原章介からバトンを受けていることから、「見ている方は、まだ違和感があると思いますが、気負わず自然体で番組を盛り上げていきたいので、温かく見守ってください」と呼びかけた。

 一方の佐藤も「最初は不安が大きかったんですが、今は率直に楽しかったと言えます」とニッコリ。また「おしゃべりが下手なので、家族団らんみたいなセットで話しやすい」と嬉しそうに話すが、その直後に「いっぱい失敗したし、噛んだりもしたけど、たくさんの“ガヤ”が……」と口走り、「誰がガヤだよ! 仲間じゃねーのかよ!」(渡部)、「自分一人だけ(センター)でやってるの?」(藤森)と集中砲火を浴びて大慌て。その後、言い間違いを訂正し、「仲間が助けてくれるので心強いし、成功に向けての糧としてどんどん失敗もしていきたい」と締めくくり、仲間たちを納得させた。

 新レギュラーの大友は「幼稚園の頃から家族で見ていた番組なので、参加させていただいて本当にうれしい」と大喜び。藤森はピースの綾部祐二から「#トレンド部」コーナーの部長の座を引き継いだことを受け、「先輩の名に恥じぬ活躍をして、アメリカへ旅立つ綾部さんのためにも(頑張りたい)」と意気込み。しかし、綾部のアメリカ留学がなかなか実現に至っておらず、渡部は「今日呼べば来たよ。絶対」と言い切ると、藤森も「じゃあなんで辞めちゃったんだろう」と首を傾げ、報道陣の笑いを誘った。(取材/錦怜那)

「王様のブランチ」は毎週土曜9時30分〜14時放送