今年からGIへと昇格した大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)。記念すべき”一発目”にふさわしい豪華メンバーが集結した。だが、決して波乱を期待する”穴党”の出番がないわけではない。

 なぜなら、有力各馬に多かれ少なかれ、不安要素があるからだ。

 まず、1番人気が濃厚なGI3勝のキタサンブラック(牡5歳)は、GI有馬記念(2着。2016年12月25日/中山・芝2500m)以来の休み明け。元来、その点は苦にしないタイプとはいえ、このあと天皇賞・春(4月30日/京都・芝3200m)という長距離GIが控えており、ここで目いっぱいに仕上げてくることは考えにくい。安定感抜群のレースぶりから大崩れは想像できないが、今回が目イチ勝負の馬に足もとをすくわれてもおかしくない。

 昨年のダービー馬であるマカヒキ(牡4歳)は、昨秋の凱旋門賞(2016年10月2日/フランス・芝2400m)で惨敗(14着)したあと、GII京都記念(2月12日/京都・芝2200m)を叩いて挑むが、その前走で3着。本来の伸びを欠いて、物足りなさが残った。馬の調子自体も心配されるが、何より”成長力”に大きな疑問が持たれている。

 香港で初のGI制覇を果たし、連勝中のサトノクラウン(牡5歳)は有力馬の中では最も勢いがある。ただ、過去には凡走するケースが多く見られ、全幅の信頼を置きにくい。

 重箱の隅をつつくような指摘かもしれないが、そんなちょっとした不安によって、予想もしていなかった大波乱が起こるのが、競馬である。

 では今回、そんな波乱を起こしそうな伏兵馬はいるのか。過去10年の大阪杯を手がかりにして、その候補を探ってみたい。

 これまでと施行時期や条件は変わらない大阪杯。出走馬の顔ぶれも、以前からGIと遜色ないほどだった。各馬の勝負気配こそ、GIIだったときとは異なるだろうが、過去の結果が参考になると、ここでは考える。

 ということで、過去10年の勝ち馬を振り返ってみると、4歳馬が6勝と好成績を残している。さらに、その内容を詳しく見てみると、いわば実績面で劣っていた馬が、同世代のGI馬にひと泡ふかせるケースが何度か見られた。

 例えば、昨年勝利したアンビシャスは、同世代の菊花賞馬であるキタサンブラック(2着)をゴール直線で差し切り勝ち。また、2011年の勝ち馬ヒルノダムールも、同世代のダービー馬エイシンフラッシュ(3着)の追撃を振り切って、いずれも明け4歳で迎えた大阪杯で下克上を果たした。

 春先に行なわれるこのレースでは、ちょうど伸び盛りの4歳馬がブレイクスルーを起こすことが多々ある。今年もその視点で考えると、1頭の馬が浮上する。

 ミッキーロケット(牡4歳)である。

 昨年のGII神戸新聞杯(2016年9月25日/阪神・芝2400m)では、今や「現役最強馬」と言われるサトノダイヤモンドとクビ差の大接戦を演じた。今年に入ってからも、GII日経新春杯(1月17日/京都・芝2400m)で初の重賞制覇。そこでは、先日のGII日経賞(3月25日/中山・芝2500m)でGI馬相手に完勝したシャケトラに競り勝っている。

 前走の京都記念では4着に敗れたものの、スタートの出遅れが響いたのは明らか。最速の上がりをマークして、同世代のダービー馬、3着マカヒキにはコンマ1秒差まで迫っている。スムーズに運べれば、過去の大阪杯と同様、今回は”格下”のミッキーロケットが下克上を遂げてもおかしくない。

 続いて、大阪杯の歴代勝ち馬の父に目を向けると、直近はディープインパクト産駒が3連覇。2、3着にも同産駒が絡んでいるケースが多く、このレースとの相性のよさを示している。

 そしてもうひとつ、過去3年の傾向で気になるのは、上がり勝負のレースが頻発していること。不良馬場だった2015年を除いて、勝ち馬の上がりは33秒台を計測し、切れ味豊かなディープインパクト産駒が好結果を出している。

 こうした条件から浮かび上がる”伏兵”は、ステファノス(牡6歳)だ。

 ディープインパクト産駒の同馬は、33秒台の切れ味を秘める。過去にはGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)や香港のGIで、2着、3着と奮闘しており、能力的には大仕事をやってのける可能性は大いにある。前走のGII金鯱賞(3月11日/中京・芝2000m)では6着に終わったが、叩き2走目で調子を上げてくれば面白い。

 最後に、今回のメンバーの中には、かつてこの舞台で金星を挙げた1頭と酷似している馬がいる。金星を飾ったのは2010年のテイエムアンコール、それと似ているのはサクラアンプルール(牡6歳)である。


「遅咲き」のサクラアンプルールが波乱を起こすか!? テイエムアンコールは、5歳の夏にようやくオープン入り。その後、6歳となった2月の中山記念(中山・芝1800m)に出走し、12番人気ながら2着と激走して大阪杯に挑んだ。

 ただ、さすがにその結果がフロックと思われ、大阪杯では6番人気止まり。単勝は21.5倍もついていたが、GI3勝のドリームジャーニーなどを相手に快勝し、ベテランの6歳馬がファンをあっと驚かせたのである。

 同様に、サクラアンプルールも昨年末にようやくオープン入りした遅咲き。その後、オープン特別の白富士S(1月28日/東京・芝2000m)で2着と好走し、前走の中山記念(2月26日)でもGI馬相手に2着と健闘した。8番人気での激走だった。

 おそらくサクラアンプルールも、今回もそこまで人気は上がらないだろう。年齢やこれまでの軌跡からして、同馬がテイエムアンコールの再現を果たすかもしれない。そんな”奇跡”にかけてみるのも、一興ではないだろうか。 GI初年度となる大阪杯。その記念すべきレースを制する馬や関係者と同じ喜びを、見事馬券を射止めて分かち合えればこのうえない――そんな瞬間を夢見て、まもなく訪れるスタートのときを心待ちにしたい。