武蔵は「島原の乱」出陣で負傷していた 首藤光一/AFLO

写真拡大

 宮本武蔵は江戸時代初めに活躍した剣術家。青年期に各地を遍歴して腕を磨き、「二刀流」を編み出した。生涯で60戦以上を闘い無敗だったとされる。晩年は熊本・細川藩に客分として仕えたとされるが東京大学史料編纂所教授の山本博文氏は武蔵に「敗北」があったのではと指摘する。

 * * *
 二刀流を使う生涯無敗の剣豪で、「巌流島の闘い」では宿敵・佐々木小次郎を一刀で打ち倒した──多くの人が持っている宮本武蔵のイメージは、歴史作家吉川英治の小説『宮本武蔵』によるところが大きい。実は武蔵の事跡を書き記した一次史料はほとんどなく、その実像は明らかとなっていないのだ。

 二次史料ながらも武蔵を直接知る養子・宮本伊織の手によるものが、九州小倉の手向山にある『小倉碑文』である。承応3年(1654年)、武蔵の死後9年に建てられた顕彰碑で、武蔵の出自をはじめ、60回以上戦って一度も負けなかったことなどを書いている。ただし、子供が親を敬重するのはあり得ることで、脚色されていると考えるのが妥当だ。

 武蔵の伝記である『二天記』は、死後1世紀以上も後の宝暦5年(1755年)に肥後八代城主松井家の家臣・豊田景英がまとめたもので、小説などの「小次郎、破れたり!」の台詞で知られる、巌流島で小次郎が鞘を捨てた場面が記されている唯一の史料である。まるで見てきたかのように詳細に描かれており、史料というより実録ものといった印象だ。

 また、「小次郎が一刀のもとに倒された」という結末も疑わしい。決闘の際、立会人を務めた沼田家に伝わる『沼田家記』には「勝負に敗れ気絶した後、蘇生した小次郎を武蔵の弟子達が皆で打ち殺した」という異なる結末が残されている。

 とはいえ、脚色はあるにせよ巌流島での決闘は事実であり、晩年の武蔵が熊本藩に客分として身を寄せていたことから、実際に高名な兵法家であったことは間違いないだろう。そんな武蔵の事跡を語る史料の中に、ある合戦に参戦した記録がある。

 養子・伊織と共に出陣したとされる「島原の乱」(1637年)。かつて島原を治めていた有馬家の原城には一揆衆が立てこもっていた。その鎮圧に際し、有馬直純の武功に関する記録を後日談も含めて保存した『有馬家文書』の中に、「宮本武蔵書簡」として残されている。

 その一つに一揆鎮圧直後、有馬直純への返書として武蔵が書いた書状があり、「敵の落とした石に当たって、脛も立てないでいる」と書かれ、戦で負傷したことがわかる。

 名うての剣豪であっても一揆衆の“投石作戦”の前では今ひとつ腕を振るうことが叶わなかったようだ。

 ちなみに、前述の小倉碑文には「関ヶ原の合戦、大坂の陣で大活躍したが語り尽くせないので省略する」と記されている。脚色できないほどの残念な結果だったのだろうか。

【PROFILE】山本博文/1957年岡山県生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。文学博士。『江戸お留守居役の日記』(講談社学術文庫)、『日本史の一級史料』(光文社新書)など著書多数。

※SAPIO2017年4月号