ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 いよいよ春のGIシーズンに突入していきますね。

 今年は大阪杯がGIに昇格したことで、高松宮記念から皐月賞まで4週連続、その後1週空いて、天皇賞・春から安田記念まで6週連続でGIが開催されます。その間、先週の阪神大賞典を圧勝したサトノダイヤモンドをはじめ、キタサンブラック、マカヒキ、ソウルスターリングなど、スターホースが続々と登場してきますから、本当に楽しみです。

 今週は、そんな春のGI戦線の幕開けとなる高松宮記念(3月26日/中京・芝1200m)が行なわれます。率直に言って、予想するには非常に難しい一戦です。

 昨年の覇者で、昨秋のスプリンターズS(2016年10月2日/中山・芝1200m)でも1番人気に推されたビッグアーサーは早々に回避を表明し、昨年の2着馬ミッキーアイル、3着馬アルビアーノも、今年に入ってから引退を発表。さらに、前哨戦のひとつであるシルクロードS(1月29日/京都・芝1200m)を快勝したダンスディレクターまでも、レース後に故障して回避することになりました。

 そのうえ、スプリント界の新たな”主役”と目されていたシュウジ(牡4歳)が、重要なステップレースとなる阪急杯(2月26日/阪神・芝1400m)で圧倒的な支持を得ながら8着と凡走。オーシャンS(3月4日/中山・芝1200m)を勝ったメラグラーナ(牝5歳)は今回がGI初挑戦で、昨秋のスプリンターズSを制したレッドファルクス(牡6歳)も、年末に香港スプリント(2016年12月11日/香港・芝1200m)で大敗して以来の休み明けと、出走予定の有力馬も状態面に判断しづらいところがあります。

 まさに確固たる主役が不在。各馬の状態把握も、能力比較も難しく、予想するには本当に悩まされる一戦となりました。

 それでも、実績的に最も注目を集めるのは、スプリンターズSを勝ったレッドファルクスでしょうか。

 同馬の実績は、芝でも、ダートでも、左回りに偏っています。というか、左回りにこだわって使ってきたと思います。おそらく右回りよりも左回りのほうが、明らかにスムーズに走るのでしょう。そうでなければ、ここまで極端な使い方はしないはずです。

 そう考えると、右回りのスプリンターズSは「よく勝ったな」と思えますね。同時に、右回りの香港で敗れたことは「仕方ないな」と見ることができます。

 そして、今回は左回りです。しかも、ハンデ戦とはいえ、上がり32秒7という驚異的な決め手を繰り出して勝利を挙げたCBC賞(2016年7月3日/中京・芝1200m)と同じ舞台。体調さえ整っていれば、好勝負必至でしょう。

 ただ、日本から近いといっても、前走は海外遠征となる香港での競馬。昔ほど複雑ではありませんが、検疫や移動手段など、普段の出走とは違う状況を強いられます。それが、大敗の原因だったかもしれませんし、その影響がどこまで及んでいるのか、気になるところ。年明け初戦がここになった理由も、海外帰りで調整が難しかった可能性があり、同馬をどう扱うのか、とても難しい判断を強いられます。馬券的にも、レッドファルクスの取捨がカギになりそうですね。

 その他、実績ではGI勝ち馬であるレッツゴードンキ(牝5歳)やスノードラゴン(牡9歳)、前哨戦の好走組ではメラグラーナをはじめ、ナックビーナス(牝4歳)、セイウンコウセイ(牡4歳)、トーキングドラム(牡7歳)、ヒルノデイバロー(牡6歳)らが注目されるのでしょうが、それぞれ一長一短あって、考えれば考えるほど難解なレース、という気がしますね。

 そんな状況にあって、今回の「ヒモ穴馬」には、前哨戦の阪急杯で人気を裏切った前出のシュウジを取り上げたいと思います。


阪急杯惨敗からの巻き返しが期待されるシュウジ 阪急杯の際、このコラムでも取り上げましたが(※2月25日配信「阪急杯で本命シュウジを逆転へ。ロサギガンティアに好材料が2つある」)、暮れの阪神C(2016年12月24日/阪神・芝1400m)では、それまでのシュウジのイメージを払拭。控えて脚を溜め、鮮やかな差し切り勝ちを収めました。それ以前から、この馬の持つ潜在能力にはかなりのものを感じていましたが、このレースを見て「これは、ひと皮むけて本格化したかな」と思ったほどです。

 ところが、前走ではスピードを抑え切れずに先行。以前と同じようなレース内容で、なおかつ直線で失速して大敗を喫してしまいました。

 この結果に失望したファンは多いと思いますが、このレースでははっきりとした敗因があると思います。

 まず、イレ込み。レース前からかなりテンションが高く、相当イレ込んでいました。休み明け、ということもあったのでしょう。

 また、単勝1.6倍という圧倒的な1番人気に推されたことも、少なからず影響があったと思います。というのも、これだけ人気を集めると、鞍上としては下手な競馬はできないため、どうしても安全策を取りがちになるからです。その結果、多少出していって好位置を取るつもりが、イレ込んでいた分、ややかかってしまって抑えが効かず、終(しま)いの脚も残せなかったのでしょう。

 阪急杯で敗れたあと、この中間は在厩してじっくり調整されているようですし、前走のようなことはないと思います。また、前走の大敗からおそらく人気も落とすでしょう。4、5番人気くらいでしょうか? 少なくとも、断然の1番人気だった前走よりも、競馬はしやすいはず。そうして気軽な立場となった今回、再び控える競馬ができれば、阪神Cの再現があってもおかしくありません。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>