近走の実績を見れば、文句なしの主役。だが、どうしてもこの馬の”実体”がつかみ切れない――。GI高松宮記念(3月26日/中京・芝1200m)に出走するレッドファルクス(牡6歳)に対して、そんな気持ちを抱いている人は少なくないだろう。


スプリントGI秋、春連覇を狙うレッドファルクス レッドファルクスは、昨秋のGIスプリンターズS(2016年10月2日/中山・芝1200m)を制覇。れっきとしたスプリント界の「王者」である。

 2013年11月のデビューから、2年かけて条件クラスから脱すると、昨年5月の欅ステークス(2016年5月28日/東京・ダート1400m)を制して初めてオープンクラスで勝利を飾った。そこから一気に本格化し、続くGIIIのCBC賞(2016年7月3日/中京・芝1200m)で重賞初制覇。その勢いのまま、スプリンターズSまで制してGIのタイトルを手にした。

 その後、年末に挑んだGI香港スプリント(2016年12月11日/香港・芝1200m)では12着と大敗を喫したが、初の海外遠征であり、「スプリント王国」と言われる香港の猛者たちが相手では仕方がない結果と言える。

 とすれば、再び国内戦となる高松宮記念では、「王者」として断然の注目を集めてもおかしくない存在だ。

 ところが、高松宮記念の下馬評は「大混戦」。スプリント王が参戦するにもかかわらず、「絶対王者不在でやや低調な争い」とまで言われている。それは、レッドファルクスが香港以来のぶっつけ参戦ということもあるが、やはりこの馬の実力について、半信半疑の人が多いからではないだろうか。

 そこで、レッドファルクスは本当に信頼の置けない存在なのか、ここまでのキャリアを振り返りつつ、その真偽を探ってみたい。

 レッドファルクスの成績を見て、まず目につくのがダート戦の多さだ。トータル19戦8勝のキャリアのうち、約半分の9戦がダートで4勝を挙げている。完全な”芝・ダート兼用”の馬と見ることができる。

 元をたどれば、デビューから4戦は芝のレースを使って、3戦目に勝利を挙げている。それでいて、5戦目からダート戦に矛先を向けた。

 なぜか? 実はこの部分に、レッドファルクスの”本質”が隠されている。同馬を所有する東京ホースレーシングの佐伯昌道氏が、その理由を説明する。

「レッドファルクスは、もともと左のトモ(※腰からお尻、脚の付け根まで)が弱く、右回りがまったく走れなかったんですよね。調教で右回りを試しても、フォームがガタガタになってしまうほどで……。そのため、左回りの短距離戦ばかりを使ってきました。

 芝とダート、両方で走ってきたのは、あくまでも”左回り”を最優先したため。左回りで、なおかつ芝かダートかどちらかに絞ってしまうと、レース数が少ないですから。血統的にもダートがこなせそうだったので、そういった使い方になりました」

 現に、デビュー戦となった2歳新馬(2013年11月)では左回りの東京・芝1400m戦で2着と健闘するも、2戦目の2歳未勝利(2013年12月)では右回りの中山・芝1600m戦で惨敗。2番人気に支持されながら、途中で最後方まで下がるチグハグな競馬を見せて9着と凡走した。

 以降、昨春のコーラルS(2016年4月2日/阪神・ダート1400m)まで2年以上も右回りのレースで使われることはなかった。

 だが、それほどの”サウスポー”がGIの勲章を初めて手にしたのは、右回りのレースだった。

 なぜか? 今度はこの部分に、レッドファルクスの”変化”を垣間見ることができる。再び佐伯氏が語る。

「左トモの状態を含めて、もともとレッドファルクスは体があまり強くないタイプでした。でも、レースを使いすぎず、じっくりと成長をうながしてきたことで、だいぶ丈夫になってきました。そのうち、稽古で右回りを走っても、以前ほど悪い走りをしなくなったんですよ。それで一度、右回りを使うことになったのです」

 佐伯氏が話すとおり、「レースを使いすぎなかった」ことでレッドファルクスは確実に成長を遂げた。もちろん、レッドファルクスの体質を考慮してのことだが、同馬の資質の高さを関係者の誰もが信じて疑わなかったからだ。

 ゆえに、決して無理することなく、大事に育てられてきた。馬のことを第一に考えて、その結果、いつしか右回りでも戦えるまでに体質が強化されたのである。

 そうして、佐伯氏が言う「一度、使うことになった」という右回りのレースに挑戦。前述のコーラルSである。そこで、4着と好走して陣営は右回りにも自信を深めた。それ以来、左回りのレースだけを選択する、ということもなくなった。

 馬の成長を優先し、ゆったりとしたローテーションを貫いてきたのは、管理する尾関知人調教師の方針でもある。そんな尾関調教師が、GI初挑戦を前にして、こんなことを語っていたという。佐伯氏がその内容を明かす。

「実はスプリンターズSの前に、尾関調教師が『この馬にとって、生涯3番目のデキだ』と言ったんです。さらに突っ込んで聞いてみると、生涯1番はCBC賞で、2番が欅Sだったと言っていました。つまりあの時期、本当に馬がよくなっていたんですね」

 レース選択やローテーションなど、レッドファルクスのキャリアにはいくつもの工夫があった。また、少ないレースで結果を出すだけの素質も兼ね備えていた。それらが功を奏して、昨年の完成期にGIを奪取したのだ。

 香港スプリントのあと、さすがに海外遠征の疲労は大きかったようで、馬体の回復に時間がかかった。そのため、高松宮記念はおよそ3カ月の休み明けで挑むこととなった。

 それでも、佐伯氏は「もちろん、本番前に一度使えればベストでしたが」と前置きしたうえで、レースへの期待をこう語った。

「予定よりも回復が遅れたものの、今はきちんと(レースに向かえる)態勢が整っており、体調面での不安はありません。ぶっつけ本番となりますが、これまでも休み明けで勝っていますから、その点も心配はしていないんです。スプリンターズSも3カ月ぶりでしたしね。何より、本来この馬にとっては、左回りの高松宮記念こそがベストの舞台。CBC賞を勝ったときも、『来年の高松宮記念で面白いかも』と思っていました。ぜひ、がんばってほしいです」

 陣営が工夫をこらして、それに馬が応えて、昨夏に本格化した。もはや、かつてのひ弱さはなく、苦手な舞台もなくなった。ならば、メンバー随一の実績を素直に評価すべきではないだろうか。 最も得意な舞台に挑むレッドファルクス。ふたつ目のGI制覇を遂げて、真の「王者」として君臨する日がまもなく訪れる。