ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 3月も半ばをすぎて、桜の開花も近づいてきました。と同時に、いよいよ春のGIシリーズも間近に迫ってきましたね。

 今年から大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)がGIに昇格したため、次週の高松宮記念(3月26日/中京・芝1200m)からは4週連続でGIが開催されます。さらに1週空いて、その後は6週連続のGI開催ですから、かなり盛り上がっていきそうですね。もちろん競馬サークル内も、続々とスターホースがトレセンで調教をし始めるので、これから雰囲気がガラッと変わっていきますよ。

 そんなGIシリーズの幕開けを前にして、今週は阪神大賞典(3月19日/阪神・芝3000m)が開催されます。昨年末の有馬記念(2016年12月25日/中山・芝2500m)でキタサンブラックを破り、現在の現役最強馬と言えるスターホース、サトノダイヤモンド(牡4歳)の始動戦となります。

 そもそも3000mという長距離戦のうえ、2週後にはGIに昇格した大阪杯が控えているため、出走頭数(10頭)はやはり少なくなってしまいました。また、全体的なレベルもGIIというには疑問符がつくメンバー構成ではありますが、このサトノダイヤモンドが出走するだけで、意味のある一戦と言えるでしょう。

 昨年の三冠レースでは、皐月賞3着、ダービー2着、菊花賞1着という成績を残したサトノダイヤモンド。スタートもよく、道中も折り合って、終(しま)いもしっかりしているという、まさにセンス抜群の走りを見せてくれます。ゆえに、2000mでも、2400mでも、3000mでも上手にレースをこなして、それがそのまま結果にも出ています。レースを見ていても、(騎手の)意のままに動かせそうで、非常に乗りやすそうに感じます。

 きっと、大阪杯に出走したとしても、好勝負ができたはずです。いろいろと事情があって阪神大賞典からの始動になるのでしょうが、今回のメンバーなら、たとえ仕上がり途上であったとしても恥ずかしい競馬はできません。王者の貫禄を見せつけてくれることを期待しています。

 唯一、ライバルに成り得るのは、昨年の覇者であるシュヴァルグラン(牡5歳)です。

 この馬に関しても、過去にこのコラムで何度となく取り上げてきました。サトノダイヤモンドに比べると、やや注文のつくところはありますが、同馬も折り合いがついて、騎手にとっては安心して乗れるタイプの馬。中団に構えて、4コーナーからまくり気味に外から抜け出していった昨年のレースぶりも圧巻でした。サトノダイヤモンドが勝った菊花賞と同じようなイメージが残っています。

 おそらく、阪神コースが得意で、なおかつ長距離適性も高いのでしょう。休み明け初戦からでもきっちり走るタイプですし、自身とサトノダイヤモンドと双方の状態次第では、逆転の目が今回に限ってはあるかもしれません。

 阪神大賞典と言えば、ナリタブライアンとマヤノトップガン、メジロブライトとシルクジャスティス、そしてスペシャルウィークとメジロブライトなど、今でも「名勝負」として語り継がれている、実力馬同士の壮絶なデットヒートが繰り広げられてきたレースです。

 シュヴァルグランはGI馬ではありませんが、重賞2勝、GI3着が2回あります。そして半姉ヴィルシーナ、半妹ヴィブロスがGI馬という良血ですから、GI馬と遜色ない実力馬と見てもいいでしょう。サトノダイヤモンドと、名勝負を展開しても不思議ではありません。そういう意味でも、楽しみなレースです。

 さて、今回の「ヒモ穴馬」ですが、昨年のジャパンC(2016年11月27日/東京・芝2400m)11着以来の出走となるトーセンバジル(牡5歳)を取り上げたいと思います。


阪神大賞典に挑むトーセンバジル。「2強」にどこまで迫るか 3歳時には、春のクラシック出走を狙えるところにいながら、あと一歩で出走するまでには至りませんでした。その秋も、神戸新聞杯で3着に入線し菊花賞の出走権を得たものの、馬の成長を優先させてか、その後は休養に入ってしまいました。ただそれも、同馬への期待が高いからこそでしょう。実際、それまでのレースぶりの中で、素質の片鱗を見せることが多々ありました。

 それが身になってきたのが、昨年の夏。3連勝を飾った頃です。それぞれ、着差はわずかでしたが、内容は完勝でした。

 前走は、準オープンを勝ったばかりで、しかもGI。それも国内最高賞金レースと、一気にハードルを上げてしまった結果ですから、大敗も仕方がないと思います。それでも、あの経験は今年、必ず生かされるはずです。

 始動戦となる今回は、前述の2頭が強敵ですが、3番手は譲れないところ。あわよくば、割って入ってくるかもしれません。

 鞍上は、前回のコラムでも触れましたが、僕が個人的に好きなジョッキーである、四位洋文騎手です。彼の騎乗姿勢が一番好きなんです。彼のように格好のいい騎乗姿勢の騎手が勝つのは、見ていてとても気持ちいいものです。 今年はクラシック有力候補のお手馬もいて、高いモチベーションを保っていることでしょう。その追い風に乗って、トーセンバジルでの一発にも期待したいと思います。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>