Happy Birthday to you〜♪

Happy Birthday to you〜♪

Happy Birthday dear my home〜♪

Happy Birthday to you〜♪

…ん?マイホーム?

普通に考えるとあり得ない歌詞で違和感たっぷり。でも、ここで紹介するサービスはそういうこと。冗談じゃなくホントに。

クリームを塗る様子は
まるで左官職人

これは、家が完成してから1年後に自宅の形をしたケーキが贈呈され、“誕生日”を祝ってもらえる画期的なサービス。もはや嬉しいとかそういう問題ではなく、家にも命があるという発想自体がユニークでほっこり。

実際の図面をもとに、パティシエがケーキを断裁。

家のドアは、アイシングクッキーで制作。細部まで丁寧に作り込んでいきます。

茶色い壁は、ココア素材を使用。クリームを塗る様子は、まるで左官職人のようです。窓を設営し、フルーツを乗せて完成。

夜の自宅を完全に再現。おめでとう、我が家。

この「家の誕生日」は、注文住宅会社のカジャデザインが、同社で自宅を建てた人へサプライズで実施したサービス。まだまだ実験的な試みとのことですが、今後どのように導入していくのかを検討していくようです。

家族の誕生日を祝うのは当たり前だけれど、それもこれも、家があってこそのもの。たまにはこうした形で日頃の感謝の気持ちを伝えるのもイイかもしれませんね。

Licensed material used with permission by 佐藤ねじ/佐藤蕗 Blue Puddle Inc.