バロテッリが発言の切り取られ方に怒り「二度とインタビューは受けない」

写真拡大

 ニースに所属するイタリア人FWマリオ・バロテッリは、インタビューで語った言葉の一部のみが切り取られたことに対し、自身のインスタグラムで激しい怒りを表した。

 今シーズンここまでリーグ・アン16試合に出場し、10ゴールを挙げているバロテッリ。15日に『Radio Monte Carlo』のインタビューに応じ、注目している若手選手や、イタリア代表復帰への思い、そして1月20日に行われたリーグ戦第21 節のニース戦(1−1)で相手サポーターから受けた人種差別チャントについてなど、さまざまな話題を繰り広げたという。

 しかし実際、メディアに注目されたのは「(パリ・サンジェルマンのウルグアイ代表FW)エディンソン・カバーニは怪物的な選手だとは思わない」という発言のみ。同チームのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、そしてモナコのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオのほうが、”怪物的”と呼ぶにふさわしいと語ったのは事実だが、その部分のみが大々的に報じられ、他の話題への注目がなかったことに強い不快感を示した。

「新聞が書き立てるのはカバーニの話題だけ。本当に馬鹿げている」と批判すると「インタビューは二度と受けない、誰からのインタビューもだ」と強くアピール。「リアルに起きている社会問題についても話したのに、彼らが唯一反応したのはあの話だけなのか?これだから社会も、新しい世代も、どんどんダメになっていく」と、失望感を露わにしている。

.. just saying. Very sad that what interest the world are just the gossip and the stupid news... 👎🏾🙏🏾🙏🏾 I spoke about racism in the society, I spoke about how much I love Ghana and Italy.. why would you twist that to all one stupid thing? Why? #godisbig Mario Balotelli🇮🇹🗿👪さん(@mb459)がシェアした投稿 - 2017 3月 16 10:35午前 PDT

 この投稿には3万を超える「いいね!」が集まっており、バロテッリの発言の持つ注目の高さがうかがえる。現在リーグ3位につけるニースは、次節アウェイで10位のナントと対戦する。