侍ジャパンが乗り越えた空中分解の危機 米国行きを手にした舞台裏

ざっくり言うと

  • 侍ジャパンはWBCの舞台裏で空中分解しかねない危機にひんしていたという
  • 最初の危機は正捕手の不在で、小林誠司の起用により乗り越えた
  • バラバラになりそうな野手陣は青木宣親がまとめていたとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング