ともさかりえ&若葉竜也の全力「LOVEマシーン」ダンスに“本家”矢口真里ビックリ

写真拡大

 名曲にスポットを当てる「青の時代 名曲ドラマシリーズ」の新作「モーニング娘。“LOVEマシーン”」の試写会が3月13日、東京・渋谷のNHKで行われ、出演の若葉竜也、ともさかりえが会見に臨んだ。

 「モーニング娘。」のヒット曲「LOVEマシーン」をフィーチャーする本ドラマは、同曲が生まれた1999年を舞台に、小さな工場の女性経営者・愛沢知恵(ともさか)と請負い工員である満島龍平(若葉)が、工場再建のために奮闘する姿を描く。

 本作を象徴する重要なシーンのひとつが、「モー娘。」OGの矢口真里と保田圭も参加した、出演者による「LOVEマシーン」のダンスパート。キャスト2人は苦戦したそうで、ともさかは「『LOVEマシーン』で歌い踊るのは、本編以上に緊張して、とてもつないプレッシャーでした。それまでのお芝居のシーンがチャラになるような、恐ろしい緊張感」と吐露した。

 これに対し、若葉も「僕は運動神経がよくないので、ダンスは相当苦戦しました」と同調。「最初は照れがあったんですけど、照れている場合じゃないぞと。『やばいやばい』と思っていたら、ともさかさんも奇妙な動きをしてらっしゃって(笑)。ともさかさんは本番も奇妙な動きをしていたので、俺と同じタイプだなと思いました」と振り返り、「元気に乗り切るしかなかった。矢口真里さんに『怖い怖い』って言われました。『すっごい声出しますね』って」と、全力で踊るあまり“本家”にツッコまれたことを明かした。

 同曲をリアルタイムで聞いていたという2人。OGメンバーとの共演については「本物はすごかったですよね」(ともさか)、「ずっと見ちゃいますよね。視聴者みたい」(若葉)と喜びを語る。さらに若葉は、「僕は『モーニング娘。』をめちゃめちゃテレビで見ていた。まさか一緒に踊れると思っていなかった。ともさかさんもそうで、ずっとテレビで見ていたので『あ、ともさかりえだ』『モーニング娘だ』みたいな。昔に戻ったというか。『本当にいるんだ』という感じでした」と告白した。

 「青の時代 名曲ドラマシリーズ『モーニング娘。“LOVEマシーン”』」は、NHK BSプレミアムで3月26日午後10時から放送。