ザジ・ビーツが抜てき!
 - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 マーベルの破天荒ヒーローを描いた映画『デッドプール』の続編に初登場するヒロインのミュータント・ドミノ役が、ドラマ「アトランタ(原題) / Atlanta」のザジ・ビーツに決まった。主演のライアン・レイノルズが“ドミノ”違いの写真で報告した。

 ライアンを主演に迎え、無責任で自己中心的なヒーローを描いたR指定アクション『デッドプール』。原作コミックスでデッドプールの相棒的存在であるケーブルと、ケーブルの恋人でもあったドミノが、本続編に初登場すると伝えられていた。

 そして今回、続編でのヒロインともいうべくドミノ役に、ザジが決まった。主演とプロデューサーを務めるライアンは自身のTwitterで、ゲームのドミノ牌が敷き詰められた写真に「ドミノ効果」とコメントを添えてツイート。そのドミノ牌をよく見ると、「ZAZIE BEETZ」という文字が浮かび上がってくるのだった。

 熱烈なファンを抱える『デッドプール』の続編とあって、以前からドミノ役を射止める女優は誰なのか、大きな話題となっていた。一時期は、『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』のリジー・キャプラン、『10 クローバーフィールド・レーン』のメアリー・エリザベス・ウィンステッド、『アメリカン・スナイパー』のシエナ・ミラー、『キングスマン』のソフィア・ブテラ、『007 スペクター』のステファニー・シグマン、『ブレードランナー2049』のシルヴィア・フークスら6人の女優が候補にあがっていた。ドミノ役が決まり、ケーブル役を務める俳優が発表されるのも、もうじきかもしれない。本続編の公開時期はまだ発表されていない。(編集部・石神恵美子)