およそ1カ月後に迫った、3歳牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞(4月9日/阪神・芝1600m)。その行方を占う最重要ステップレース、GIIIチューリップ賞(阪神・芝1600m)が3月4日に行なわれた。

 最も注目されたのは、GI阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年12月11日/阪神・芝1600m)を無傷の3連勝で制し、2歳女王となったソウルスターリング(父フランケル)。彼女の成長ぶりと、クラシック本番に向けて彼女がどのような”試走”を見せるかに熱い視線が注がれた。そしてもうひとつ、このソウルスターリングを脅かす存在が現れるのかどうかが、レースの焦点となった。

 結果は、ソウルスターリングの圧勝だった。阪神JFの2着馬で「打倒ソウルスターリング」の有力候補と見られていたリスグラシュー(父ハーツクライ)は、3着を確保するのが精一杯。まさにソウルスターリングの強さばかりが際立つレースとなった。

 この結果を受けて、デイリー馬三郎の吉田順一記者はソウルスターリングの強さに脱帽。今年の3歳牝馬路線について、ため息まじりにこう分析した。

「2歳時から言われているように、今年の3歳牝馬はハイレベル。そんな中、王道のローテーションと言えるチューリップ賞で、阪神JFの1、2着馬が早くも直接対決することになりました。馬体重は2頭とも4kg増でしたが、阪神JFから全体時計を楽にコンマ8秒も縮め、2着馬に2馬身差をつけたソウルスターリングの成長力が、リスグラシューを完全に凌駕していました。ソウルスターリングが絶対的な”主役”に浮上したと言っていいでしょう。自分との戦いに負けることがなければ、チューリップ賞組にリベンジされることはないと思います」

 では、ソウルスターリングと未対決の馬たちの中に、「打倒ソウルスターリング」の候補は隠れているのだろうか。再び吉田氏が解説する。

「現状、別路線組の中にも、そこまでの存在はいないのではないでしょうか。GIIIクイーンC(2月11日/東京・芝1600m)の勝ち馬アドマイヤミヤビ(父ハーツクライ)が高い評価を得ていますが、同馬は阪神のマイル戦より、オークス(5月21日)の舞台となる東京・芝2400m向き。そこでの逆転は十分にあり得ますが、桜花賞ではどうでしょうか。また、2戦2勝のファンディーナ(父ディープインパクト)も、その勝ちっぷりは強烈でしたが、完成度と今後のローテーションを考慮すると、桜花賞での逆転はきついと見ています」

 そこで注目したいのは、今週末に行なわれる桜花賞トライアルのGIIフィリーズレビュー(3月12日/阪神・芝1400m)である。だが、ここに出走予定の重賞実績馬、レーヌミノル(父ダイワメジャー)やジューヌエコール(父クロフネ)らも、阪神JFでソウルスターリングの後塵を拝し、すでに勝負づけがついてしまっている印象だ。

「そうなんですよ。だから、ここで期待するのは、ソウルスターリングと対戦していない馬。なかでも、1勝馬のアカカ(父クロフネ)に魅力を感じています」

 そう語るのは、デイリースポーツの「穴王子」こと豊島俊介記者である。

 とはいえ、アカカはこれまで4戦1勝。しかも、デビュー2戦目の未勝利戦で勝ったあとは、2戦続けて10着と大敗を喫している。その戦績からすると、とてもソウルスターリングには及ばないと思うが、豊島氏はアカカ推しの理由をこう語る。

「ここ2戦の大敗は、昨年7月からの長期休養明けによるもの。2走前は特にその影響を受けて、前走もやや重の馬場が響いていました。ともに敗因ははっきりしています。とにかく、未勝利戦(2016年7月17日/中京・芝1400m)の勝ちっぷりが素晴らしかった。スケール感がありますし、末脚もしっかりしており、阪神のマイル戦はぴったり。ここで権利を取れれば、本番でも面白い1頭になるはずです」

 一方、前出の吉田氏は、カラクレナイ(父ローエングリン)を推す。


末脚が光るカラクレナイ。桜花賞への切符を手にできるか「これまでに騎乗したミルコ・デムーロ騎手や川田将雅騎手によれば『まだ馬は若い』とのことですが、それでも常に外、外を回る形で3戦2勝。回転の速さはスプリンターに近いものの、ストライドがしっかり稼げる走法は、とても魅力的です」

 カラクレナイはデビュー戦こそ4着に敗れたが、その後は未勝利戦(2016年11月13日/京都・芝1400m)、500万条件の万両賞(2016年12月3日/阪神・芝1400m)と連勝中。父ローエングリンはGIでの勝ち鞍はないものの、産駒のロゴタイプは皐月賞馬で、マイルGIも2勝しており、カラクレナイの桜花賞での距離不安はない。吉田氏が続ける。

「ローエングリンは、自分の得意舞台や得意戦法以外は惨敗してしまうという”天才肌”でしたが、産駒にもその一発の魅力というエッセンスが詰まっています。カラクレナイも同様で、さらに追われてからぐいぐいとストライドを伸ばしていく末脚は世代トップクラス。そこは、デムーロ騎手も、川田騎手も認めていて、『(カラクレナイは)走るね。いい決め脚を持っている』と口をそろえています」

 加えて、吉田氏は昨年12月以来というローテーションにも好感が持てると言う。

「この中間には、坂路4ハロンとCW6ハロンで自己ベストの時計を記録。『いい脚は秘めているけど、まだ若い』という昨年末までの評価が、この3カ月の休養で間違いなく変わりそう。今回で権利を取得しても、これでいっぱい、いっぱいでは厳しいのですが、馬体やローテーション、それに気性の成長を考慮すれば、本番への期待も膨らみます。この馬のポテンシャルの高さに賭けたいです」 はたして、フィリーズレビュー組から「打倒ソウルスターリング」が見込める馬が登場するのか。ハイレベルな3歳牝馬路線に、またも新たなヒロインが生まれることを期待したい。