7000億円を超える特損を発表した東芝の「筆頭スポンサー降板劇」が噂されるなど、身辺が穏やかではない国民的アニメ「サザエさん」。最近では視聴率も低下気味とのことですが…、無料メルマガ『幸せなセレブになる恋愛成功変身術!』では、なぜこれまで私たちがサザエさんを支持していたのか、さらにその視聴率が落ちつつある原因についても考察しています。

なぜ日本人は「サザエさん」を観てしまうのか?

マンガやアニメもキャラクタービジネスの一種です。登場人物の人気はそのまま作品全体の魅力に直結します。

特にマンガなどの場合、読者の「アバター」を意識する必要があります。人はマンガを見るとき、無意識のうちに自分のセルフイメージに近いキャラと同化し、そのキャラをアバターとみなします。

たとえば女の子が「ドラえもん」を読むときには、アバターはしずかちゃんであることが多く、「クレヨンしんちゃん」ならネネちゃんであることが多いのです(ひまわりだと小さすぎる)。

だいたい自分自身と同性で、年齢の近いキャラが無意識のうちにアバターに選ばれます。特にしずかちゃんは、のび太から出木杉に至るまで男子全員の憧れを独占する「絶対的ヒロイン」です。女子にとってひとつの理想像であることは間違いないでしょう。

もしも「ドラえもん」にしずかちゃんが登場しなければ、どんなに話が面白くても女の子はほとんど「ドラえもん」を見ないと思います。実際に中学生くらいになると、あまり「ドラえもん」を見たいとは思わなくなるはずです。それは、内容が小学生向けであるというだけでなく、アバターとして感情移入できる適当なキャラがいなくなってしまうからなのです。

この原理をよく理解しているのが、高橋留美子です。彼女の作品は男女問わずファンが多いことで知られています。その秘訣は、必ず男女カップルをW主役にしているからです。たとえば「犬夜叉」の場合、男子は主に犬夜叉、女子はかごめがアバターです。「うる星やつら」なら、男子は諸星あたる、女子はラムです。

当たり障りのない内容の「サザエさん」がなぜか国民的アニメとして成功しているのは、メインターゲットである子どもの視聴者とその両親・祖父母世代にそれぞれアバターが存在しているからです。ワカメちゃんのポジションが絶妙なのは、一応は姉と兄がいる末っ子であると同時にタラちゃんという事実上の弟がいることです。つまり、視聴者の「末っ子として甘えたい」願望と「お姉ちゃんになりたい」願望の両方を満たすアバターなのです。やんちゃ坊主のカツオは男の子の視聴者から共感を得られるアバターです。

サザエさん世代の視聴者にとっては、夫(マスオさん)は早稲田卒のエリートサラリーマンで実家住まいで(しかも世田谷区内の庭付き一戸建て!)子育てを両親に手伝ってもらえて、おまけに専業主婦というのは究極の贅沢であり野望でしょう。フネさん世代の視聴者にとっても、タラちゃんのように可愛い孫と暮らすことは最高の夢であり幸せです。

磯野家は一見平凡に見えて、なにげに「全員が勝ち組」なのです。要するに磯野家の人々がジャパニーズドリームを体現してさえいれば、個々のエピソードはどうでもいいのです。初期設定が重要です。

しっかり分析していくと、「サザエさん」が半世紀に渡って高視聴率を保ってきた理由が良く分かります。「キャラクタービジネスとして」比類なき完成度に達しています。

もちろんあれが限界というわけではなく、たとえば波平さんの髪がフサフサだったら中高年男性の視聴者はもっと増えるはずです。

何より今の時代は、専業主婦よりキャリア志向が主流ですので、サザエさんをキャリアウーマンにして育児との両立を描いた方が絶対に視聴者の共感を得られるはずです。

そこが最近「サザエさん」の視聴率が落ちてきている原因でしょう。

image by: Flickr

 

『幸せなセレブになる恋愛成功変身術』

この著者の記事一覧はこちらから恋愛がうまくいかない理由、男の人の本音、などなどの恋愛成功のための情報満載の恋愛メルマガ。女子には絶対知られたくない、男子のホンネを暴露します!まぐまぐ大賞ノミネート殿堂入り。

出典元:まぐまぐニュース!