東京マラソンで露呈した世界との実力差 日本の戦い方は通用しない?

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 東京マラソンで露呈した世界と日本の実力の差を筆者が分析している
  • 後方から脱落した選手を拾っていく日本の戦い方は、通用しないと指摘
  • 世界と戦うには「2時間3〜4分台」で走るためのスピードが必要だと述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x