角居勝彦調教師が馬体重の増減について解説

写真拡大

 2月4日の京都第7レース。7か月半ぶりに出走したウオッカの子・タニアノバンシーの馬体重は前走よりプラス30キロの512キロで、その増量は競馬ファンを驚かせた。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、馬体重の増減と走りの関係について解説する。

 * * *
 体重はある程度あったほうがいい。馬体の重さと大きさはストライドの大きさにつながるし、接触時の安定にも有効です。逆にデメリットは脚元のケガが多くなることです。

 レース前には前走から何キロ変化したかが表示されます。馬体重の増減はヨーロッパの競馬では重視されないようですが、馬の体調を知るうえでは重要なファクター。馬券検討にも大いに参考になると思います。前走からのプラスマイナスだけではなく、何走か前までさかのぼってみてください。

 馬体に脂肪が乗ってくる冬場は体重が増えやすく、夏場は減りやすい。この場合は10キロ程度の増減に神経質になることはありません。

 大事なのは馬齢。4歳半ばまでの体重増は成長分であることが多い。休み明けに大幅な体重増があっても、馬のシルエットが太くなければ問題ありません。

 タニノアーバンシーの場合、シルエットが太くなかったので、体重増が競馬でマイナスになったということではありません。いわゆる「成長分」といっていい。直線で伸びきれなかったのは、半年以上競馬から離れていたからでしょう。息遣いができておらず、レース勘も戻っていなかった。

 体が絞れているのに体重が増えていくのが理想です。だいたい4歳半から5歳までに体格が完成されるので、そのときのレースで結果が出た「連対体重」などが目安となります。

 古馬になってからの馬体重の増減には注意が必要です。何走か続けて減、というのは筋肉が衰えている「馬体が寂しい」状態。逆にずっと増え続ける、というのもよくありません。

 お腹に脂肪が乗ってきて、腹帯の後ろからのラインが長くたるんでくる。体が重くて走りたくなくなる。走らないと走れなくなる。動かないからますます太る。このへんは人間と一緒ですね。

 競走馬の食事は高カロリーで、「カイバ食い」がよければ体重が増えていきます。主食は草。稲科のチモシーと豆科のアルファルファに、燕麦やとうもろこし、にんじんを食べます。馬にも好みがあり、より高カロリーの豆科好きの馬は体重が乗りやすい。カイバにはビタミン・ミネラルのサプリメントを上手に混ぜ込みます。競馬で使うカロリーを一気に入れるので、力士の食生活に似ているのかもしれません。

 馬にとって食事は唯一の楽しみのはずですが、実は競走馬は食が細くなることも多いのです。食べると太り、体が重くなって走りがツラくなる。そこで自然と摂制の意識が芽生える。大食いだった馬が急に食べなくなったら、競走馬としての自覚が出てきた証拠。馬もダイエットするのです。

 ところで、出走後はどのくらい体重が減るのでしょう。

 馬は本番前のストレスからボロを出し、一度で3〜4キロ、二度やれば、6〜8キロ。汗や呼吸で1〜2キロは減ります。レース直後に馬体重を量ることはありませんが、たいだい10キロは落ちるようです。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎の調教助手を経て2000年に調教師免許取得。2001年に開業、以後15年で中央GI勝利数23は歴代3位、現役では2位。(2017年2月13日終了時点)ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、エピファネイア、サンビスタなど。

※週刊ポスト2017年3月3日号