ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 先週のフェブラリーSでは、「ヒモ穴馬」に取り上げたゴールドドリームが勝利。鞍上のミルコ・デムーロ騎手が見事な手綱さばきを見せてくれました。2着に敗れたものの、ベストウォーリアの戸崎圭太騎手も素晴らしい騎乗でしたね。

 また、3着のカフジテイクも脚質を考えれば、最善を尽くしたと思います。やはり東京のダートは、1400m戦では差し切れても、マイル戦になるとそう簡単にはいかないということ。逆に言えば、マイル戦で差し届かなかった馬が1400m戦に臨めば、差し切れる可能性が増すはずです。そういうコース形態ですから。

 さて、今年最初のGIフェブラリーSが終了し、次週からは3歳クラシックに向けたトライアル戦がスタート。いよいよ春競馬へと突入していきますね。そんな中、今週は古馬戦線の、春の大舞台への前哨戦と言える中山記念(2月26日/中山・芝1800m)と、阪急杯(2月26日/阪神・芝1400m)が行なわれます。

 今年から大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)がGIに昇格したことによって、そのステップレースともなる中山記念は、例年以上に重要なレースとなりました。結果、GI馬4頭をはじめ、この春の大きな舞台を狙う好メンバーがそろいました。

 そんな中山記念にはもちろん注目すべきですが、実は近年、高松宮記念(3月26日/中京・芝1200m)への主要なステップレースとなっている阪急杯も見逃せない一戦です。昨年の勝ち馬ミッキーアイルは、ここから高松宮記念で2着と好走。さらに、2014年のコパノリチャード、2013年のロードカナロアも、ここを勝って高松宮記念も制しました。

 そうした過去と比べると、今年は全体的なメンバーのレベルが決して高いとは言えませんが、少頭数のわりには難解なレースとなりました。そういう面も踏まえて、ここではあえて阪急杯を取り上げたいと思います。

 前述したとおり、昨年のミッキーアイルをはじめ、コパノリチャードやロードカナロア、さらにここで結果を出してなくても、阪急杯をステップにして高松宮記念で好走した馬は非常に多いです。この傾向は、中京コースが改修される前からです。やはりGIという厳しい舞台とあって、単なる1200m戦のスピードだけでなく、1400m戦でも対応できるスピードの持続力と、脚をためられる器用さも必要とされるのでしょう。

 今年のメンバーの中で、本番の高松宮記念でも可能性を感じる馬を挙げるとしたら、最初に目がいくのは、シュウジ(牡4歳)です。

 今回と同じ舞台で行なわれた前走の阪神C(2016年12月24日)でも、鮮やかな差し切り勝ちを収めました。それまでのシュウジと言えば、スピードの違いで抑え切れず、ハナか、2、3番手につけて先行し、そのままゴールに粘り込むというレースぶりでしたが、そうしたイメージを払拭する内容でしたね。

 2歳時に小倉2歳S(2015年9月6日/小倉・芝1200m)を圧勝。その後はマイルGIに挑戦しましたが、案の定、折り合いに苦労して結果を出せませんでした。それでも、3歳夏からスプリント戦を主戦場として活躍。夏の北海道シリーズで好走を重ね、秋のGIスプリンターズS(2016年10月2日/中山・芝1200m)でも、その持ち前のスピードを武器にして4着に粘り込みました。

 その当時から、「もう少し抑えが利くようになれば、すごい馬になるかも……」と思っていました。そうしたら、前走ではその期待に応えてくれる競馬を披露してくれました。

 やや出負け気味にスタートを切って、その直後は少しかかり気味にポジションを押し上げてしまいましたが、中団より前で落ち着くと、そこからはバッチリ折り合って追走。直線に入ってからは、外へ出す余裕があるほどの脚をためていて、そこからしっかりと弾けて差し切りました。

 ミッキーアイルが飛ばしてくれたことで、ペースが落ち着かなかったこともよかったと思いますが、馬込みの中で前に馬を置いても折り合えたことは大きな収穫です。おそらく、最初からそういうレースをしようと意識していたとは思えませんが、結果的に”そういうレースができた”ことはよかったと言えるでしょうね。

 今回の阪急杯は、ミッキーアイルのような存在はいません。そうなると、ペースが落ち着く可能性もありますが、それでも前走と同じような競馬をして結果を出すことができれば、本番の高松宮記念でも最有力候補に挙げられるでしょう。

 ビッグアーサーやダンスディレクターといった有力馬が、故障などですでに高松宮記念回避を表明。王者不在で混沌とした短距離路線ですが、もしかしたら今回、新たな”スプリント王”が誕生するかもしれませんね。

 このシュウジに対抗する「ヒモ穴馬」として取り上げたいのは、ロサギガンティア(牡6歳)です。


阪急杯では四位騎手が手綱を取るロサギガンティア 前走の阪神Cでは、シュウジに対してコンマ2秒遅れ。馬番がシュウジと隣だったこともあり、終始シュウジの直後でレースを進めていましたが、直線に向いてからの進路取りの差で後れをとってしまいました。

 ただ、スムーズに進路を取れたとしても、勝てたかどうかはわかりません。ロサギガンティアもそこまで決め手のあるタイプではないですからね。

 そういう意味では、シュウジとは勝負づけがついているかもしれません。それでも今回推すのは、ロサギガンティアには前回よりも強調できる材料がいくつかあるからです。

 ひとつは、馬場。前回はやや重でした。そういう馬場でも好走実績はありますが、基本的には東京や新潟といった軽い馬場が適しているタイプ。それも、開幕週のような絶好のコンディションのほうが高いパフォーマンスを発揮できると思います。年末の荒れた馬場から回復している今回、ロサギガンティアにとっては明らかにプラスでしょう。

 もうひとつは、今回手綱を取るのが、四位洋文騎手であること。同馬には初騎乗となりますが、個人的には彼の騎乗姿勢が一番好きなんですよね。

 このことは10年以上前から公言していることですが、この「騎乗姿勢」というのは、騎乗するにあたっての心構えという意味ではなく、単純に乗っているときの体勢のこと。鐙(あぶみ)の短さといい、重心が低くて馬の首に張りつくようにして乗る姿は、実に格好よくて惚れ惚れします。彼のように、格好いい騎乗姿勢の騎手が勝つのは、見ていて本当に気持ちがいいものです。

 先日の共同通信杯でも、スワーヴリチャードを見事な騎乗で勝利に導きました。間違いなく、今年のクラシックを賑わせてくれるでしょう。 そんないい流れにあるジョッキーでもあり、この乗り替わりは好結果を出すためにも、いいタイミングだと思います。阪神Cでシュウジにつけられた差も、四位騎手の手綱さばきによって、縮められる可能性は十分にあります。どんなレースを見せてくれるのか、楽しみです。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>